東京ディズニーシーで公演中の「ファッショナブル・イースター」東京ディズニーシーで公演中の「ファッショナブル・イースター」 ©Disney 撮影 / YOSHI

2017年6月14日まで、東京ディズニーシーで公演中の「ファッショナブル・イースター」。

2015年のイースター時期にも公演され、2年ぶりに復活したショーです。

現在公演中のこのショーの魅力のひとつは、2015年のタイトルをそのまま引き継いだ再演のショーでありながらも、前回の物語を踏まえた「続き物」のようなストーリーになっている点。

いわば「ファッショナブル・イースター "リターンズ"」とも捉えられるようなショーに仕上がっているんです。

物語の鍵を握る、4人のファッションアーティストたちの会話と行動を比較しながら、時間の流れや人間関係の変化を探ってみましょう。

4人のアーティストの距離感に明らかな変化が!

「ファッショナブル・イースター」「ファッショナブル・イースター」 ©Disney

2015年のバージョンと今年(2017年)のバージョンを比べると、ストーリーの大筋は変わっていません。

東京ディズニーシーの4つのエリアから集まったアーティストたちが、自分のデザインしたファッションが1番だと言い争いますが、ミッキーの一声によりお互いの個性を認め合って仲直りする、…という内容です。

ところが、注意深く見てみると、4人の距離感が2年間で大きく違っていることに気づきます。

2015年の時の4人は、最初はただのライバル同士。

25分間の公演時間のうち、前半11分もの長い時間「わたくしの前を横切るとは何て失敬な!」「愚かな機械文明に毒されたサビ臭い服!」と、割と本気でお互いを罵りあいます。

ところが2017年、ふたたび出会った彼らは、1度は認め合った仲。

自分のデザインに自信まんまんな点は変わりませんが、お互いのファッションだけでなく、人間的な個性をよく知っている感じが会話から透けて見えてきます。

この「距離感の変化」が特に感じられる3つのシーンをご紹介しましょう!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます