石川祐希選手(左)と小島瑠璃子

 「SIXPAD 新製品発表会」が28日、東京都内で行われ、中央大学男子バレーボール部の石川祐希選手、スペシャルゲストとしてタレントの小島瑠璃子ほかが登壇した。

 同製品は、EMS(筋電気刺激)によって筋肉を鍛えることができる、身に着けるトレーニングギア。同商品を愛用してきた小島は、新モデルについて「とにかくすごい。従来と同じようにテレビを見ながら使えるので私も毎日使っています」と笑顔でアピールした。

 新製品は、IoT(モノのインターネット)機能を搭載しており、「SIXPAD」公式アプリで操作することも可能。会場では、実際に小島がスマホでアプリを使いながら新機能を紹介することになった。

 おなかに「SIXPAD」を着用した石川選手を前にして「これ、私が石川選手のマシーンを操作するということですか?」と当初は戸惑いを見せた小島だが、いざ操作が始まると「(刺激)きました!? アハハハハハ」とノリノリに。

 「まだ、大丈夫です」と応じる石川選手を見て、小島は「もうちょっとレベル(刺激の強度)を上げていいですか?」と操作を続け、途中からは「もうちょいいけます?」「まだいけますか?」と徐々にヒートアップ。

 最後は「ちょっとキツイです…」とギブアップした石川選手に「(レベルを)上げすぎちゃったかも。すみませ~ん」と申し訳なさそうにしながらも、いたずらっぽくほほ笑んだ。

 続いて、石川選手が小島の着用した「SIXPAD」の操作を行うことに。石川選手に「お手柔らかにお願いします」と伝えてスタートした小島は、序盤は「まだいけます」と余裕を見せていたが、石川がレベルを上げるにつれて「あー!イテテテ。もう無理です」と降参。「限界はここでしたね」と操作をストップしてもらうと、石川選手に「先ほどはすみませんでした」と謝罪して、会場の笑いを誘った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます