国産小麦のバタール

ご近所さんでパン好きな友達から「一番美味しいと思うパン屋はどこ?」と聞かれすごく悩みましたが、『nichinichi』さんは私達のご近所で美味しいのは当たり前なので、次に『えだおね』さんがパッと思い浮かびました。

もちろん他にも好きなパン屋さんはたくさんあるのですが、食パンで生食してもトーストしてもどちらも美味しいと初めて思ったお店なのです。

「前回は代々木界隈のパン屋を案内してもらったので、またどこかパン屋巡りしたいです~」とのご希望を受け、「では、『えだおね』のある荻窪にしましょう!」と決定!!

『えだおね』さんの開店時間が11時なので、その前に8時からオープンしている『吟遊詩人』さんへ。実は私も初訪問。美味しいとの評判は聞いていました。
店名などは大きく書かず、さりげない佇まいです。

店内は焼きあがる様子が見えるようになっています。嬉しいな♪

バゲットが美味しいと聞いていたのでチェック。隣のチーズ使っているのも美味しそう♪ マフィンも美味しそうだし、惣菜系も色々あって迷います。そして、お値段が手頃なのも嬉しいです♪

バゲットと迷いましたが「サンドイッチにするのもおすすめ」と書いてあった“国産小麦のバタール”280円にしました。

国産小麦のバタール

クラストは軟らかく噛むと鼻から粉の香りがふわーんとします。さらに食べ勧めると粉の甘みも感じてずっと食べていたくなります。実はバゲットより食パンが好きな私ですが、このバタールはとても美味しい!!

国産小麦のバタール

店員さんにお薦めを聞いたら「人気があるのはバターミルクフランスですね」と教えていただきました。あいにく出来上がりが11時半ということで、『えだおね』でランチをしてからまたお店に買いに戻りました。

バターミルクフランス
バターミルクフランス

硬くはないけれどしっかりしたパンに硬めのクリーム。友人ふたりと私の感想は揃っていて「バターが結構主張しているね。美味しいね♪」。私はもう少しミルクっぽいほうが好みですが、人気があるのがわかる美味しさです!