東京ディズニーシー2017年5月12日(金)オープン「ニモ&フレンズ・シーライダー」を、徹底解剖。

どんなアトラクションなの? どこにできたの? キャラクターは誰が登場するの? ストーリーは? ファストパス発券は? 身長制限はある?

気になる情報をまとめて紹介します!

魚になってニモの世界を冒険するライド型アトラクション

「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、魚サイズに縮む潜水艇に乗り込み、ニモやドリーたちと同じ目線で、ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ニモ』『ファインディング・ドリー』の世界を冒険できる、新アトラクションです。

映像は、『ファインディング・ドリー』のピクサー・アニメーション・スタジオ映画スタッフが制作。

“本物” の映像と、ライドシステムの動きが融合し、魚になって海の中を泳ぎ回る快感は、控えめに言ってスペシャルな体験。

世界中のディズニーパークを見回しても、東京ディズニーシーだけにしかない、今までにない新アトラクションです。

ポートディスカバリーに海洋生物研究所が出現

「ニモ&フレンズ・シーライダー」が登場したのは、東京ディズニーシーの、ポートディスカバリー。

元々は、アトラクション「ストームライダー」(2016年5月16日クローズ)があった場所、と言えば、東京ディズニーシーに何回か遊びに行った経験のある方なら、ピンとくるかもしれませんね。

映画『ファインディング・ドリー』で、重要な場所となった、海洋生物研究所が、東京ディズニーシーに出現しました。

誰に会える? ニモやドリー、ハンクなど映画キャラ総出演

映画『ファインディング・ドリー』を観た方なら、ご存知のとおり、海洋生物研究所には、タコのハンク、ジンベイザメのデスティニー、シロイルカのベイリー、アシカのフルークとラダー、ジェラルト、アビのベッキーなど、個性的で愛らしいキャラクターたちがいました。

海の中では、クラッシュ、クラッシュの子のスクワート、エイ先生、ヒトデのピーチ、アカシマシラシゲエビのジャック、ハリセンボンのブロート、ラッコ、たくさんの仲間たちも。

もちろん、ニモ、ドリー、ニモのお父さんであるマーリンなども含め、「ニモ&フレンズ・シーライダー」に総登場しますよ。

ただし、乗ったときに誰に会えるかは、毎回変わります。そのときになってのお楽しみ!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます