(左から)三池崇史監督、市川海老蔵、戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人、満島真之介

 映画『無限の住人』の公開初日舞台あいさつが29日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、市川海老蔵、三池崇史監督が出席した。

 本作は、沙村広明氏の人気コミックを実写映画化。両親を殺された少女・凜(杉咲)から敵討ちの用心棒を頼まれた不死身の侍・万次(木村)が、最強の剣士たちと壮絶なバトルを繰り広げるアクションエンターテインメント。

 万雷の拍手で迎えられた木村は「ありがとうございます。今日を持って『無限の住人』はお客さまのものになります。どうかかわいがってやってください」と感無量の面持ちであいさつした。

 トーク中、映画のタイトルとGWに絡めて「無限の休みをもらえるとしたら何をしたい?」と尋ねられた木村は「それは失業ということじゃないですよね…?」と苦笑い。「ポジティブに考えたら無限の休みね」と確認を取りつつ「そうなったら今まで行ったことのない所に足を運んでみたい。国内でも行ったことのない場所がたくさんあるので、日本を自分の目でちゃんと感じてみたいです」としみじみ語った。

 一方、戸田は「私も海外に行きたいと思ったんですけど、それじゃ(経済的に)生きていけなくなっちゃう。それを考えたら、木村さんか海老蔵さんちに居候したいですね」と珍回答。

 「永遠の休みの間、うちにずっと戸田恵梨香がいるんですか?」と戸惑いを見せた木村だったが、最終的には「なかなか面白そう。うちがつらくなったら海老蔵の家に行けばいいし」と了承。海老蔵も「部屋あるから大丈夫っすよ」と快諾し、これには木村も「さすがっすね」と感心していた。

 また、海老蔵は、先日、東京駅で偶然、木村に遭遇したことをブログ上で明かしていた。そのことが今日のイベント参加につながったそうで「本当びっくりしたんですよ。タクシーを降りたら『海老蔵!海老蔵!』って呼ばれるから、また変な人に絡まれちゃったかな~と思って振り向くと木村拓哉がいるという…。とっても不思議な光景でとっても幸せでした。全部木村拓哉さんという大スターの魅力が引き寄せたこと」と語った。

 さらに海老蔵は、京都の寒い朝の撮影で、木村が缶コーヒーを手渡してくれたエピソードを披露。「大して温かくはないけど、木村さんが『温かいからやるよ』と言ってくれたら『温かいですね』と言わざるを得ない感じだった」と明かして笑わせた。

 また「このメンバーの中で不死身だと思う人は誰?」という質問に、木村は「海老蔵」と即答する一幕も。「逆に理由は何も要らない。これだけ常識も備えつつ、これだけ自由な人はいない。やっぱり死なないんじゃないかな」とその人柄を評した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます