キム・ヒョンジュン、日本デビューを発表 「今日もあげぽよ!」

2011.11.9 21:26配信
日本でのソロ・デビューを発表したキム・ヒョンジュン 日本でのソロ・デビューを発表したキム・ヒョンジュン

韓国出身の男性5人組グループ・SS501のリーダー、キム・ヒョンジュンが11月9日、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)でライブを開催。開演前に記者会見を行い、2012年1月25日(水)に、ユニバーサルインターナショナル/デリシャス デリ レコーズよりシングル(タイトル未定)で日本でソロ・デビューすることを発表した。

キム・ヒョンジュンの公演チケット情報

この日は、ソロとしての1stジャパン・ツアー初日で、会見には抽選で選ばれた200人のファンも参加。ヒョンジュンの登場とともに、拍手と歓声に包まれ、熱気あふれる中でスタートした。まずは、今回のツアーに向けて「ライブパフォーマンスだけではなく、各地のファンの方たちとふれあい、地元らしさを共有したいです。また、僕はソウル大使として、(みなさんと)コミュニケーションする楽しいステージにしたい」と意気込みを語った。SS501時代から日本で活動しているキム・ヒョンジュンだけに日本語も得意。最近覚えた日本語は「『あげぽよ』。今日もあげぽよ!」と会場を沸かせ、親しみやすい一面も見せた。

キム・ヒョンジュンは、韓国で今年6月にミニ・アルバム『Break Down』でソロ・デビューを果たすとアジア各国のチャートで1位を獲得。10月に発売されたばかりの2ndミニ・アルバム『Lucky』も1位となり、ソロ・アーティストとしての人気を確実なものとした。日本のオリコンチャートでも、輸入盤部門でレディ・ガガを抜いて2作連続1位という根強い人気ぶりを見せ付け、それを受けての今回の日本ソロ・デビューとなる。「デビュー・シングルは、僕の歌をもっと日本の多くの方に届けるために日本語で歌いました。楽しみに待っててください。がんばります」と、日本での活躍を期待させる言葉で会見を締めくくった。

キム・ヒョンジュンの今回のツアーは、11月9日の大阪国際会議場を皮切りに、8都市11公演が行われ、約3万人を動員予定。チケットはすでに完売している。また、この記念すべきツアーの模様を収めた、ぴあ ライブフォトマガジン『キム・ヒョンジュン Kim Hyun Joong ”First Tour 2011 in Japan”』(http://pia.jp/t/kimhyunjoong)が、12月5日(月)より発売される。熱いライブシーン、バックステージの様子などが存分に楽しめる1冊となっている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング