出会いを求めていながら、なかなか彼氏ができない。そんな状態に悩んでいる女性は多いでしょう。
「私はいつになったら彼氏ができるんだろう……?」友達に彼氏ができた報告を受けて、ついそんなことを考えてしまうこともあると思います。

ズバリ、自分に彼氏ができないのはどうしてなのか? 今回は、「彼氏ほしい~!」と嘆いている状態にありがちな原因を考えてみました。


彼氏欲しさに必死になっている

よく「彼氏がほしい」と思っているうちはできない。そんな噂を耳にしませんか? おそらくこの噂の真意は、彼氏がほしい気持ちが強くなると、そのことばかりに意識が向いてしまうからかもしれません。

たとえば、出会いの場でいい人が見つかったとして、「イケメンですね!」「◯◯に勤めているなんてすごいですね!」と声をかけたところで、男性は悪い気はしないものの、正直なところ反応に困ってしまいそう。

つまり、彼氏欲しさでいっぱいいっぱいになっているため、相手と思うように距離を図りづらくなっているのかもしれません。
焦る気持ちをちょっと落ち着かせて、「いい人、見つかればいいな」程度に考えてみては。
肩の力を抜いて出会いを求めたほうが、フラッといい相手が見つかりやすいと思います。

異性との接点が少ない

いい出会いを見つけるには、出会い数を増やす必要があります。
10人出会っただけでは、1人しか気になる人ができないかもしれません。でも、30人と出会えれば、3人気になる人ができるかもしれません。
このようにいい人を見つけるには、まず相手と知り合うことが大前提になってきます。

もっと言ってしまうと、始めのうちは異性として相手を意識するよりも、相手と仲良くなる感じで交流できるといいですね。
異性として意識して出会いを求めてしまうと、「この人は◯◯がタイプじゃない」と、どうしても選り好みが激しくなってしまうからです。

ですので、交流関係を広げるつもりで、出会いを求めること。そうすると、気軽な気持ちで相手に声をかけられますし、相手もまたしかりでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます