「相手のことを嫌いになったわけではないけど、なんとなく冷めてしまって別れようか悩んでいる」「付き合うまではいいんだけど、付き合った途端冷めてしまう」という人って男女問わずいますよね。でもなんで冷めてしまうのでしょうか?

今回は「付き合うと冷めてしまう人の特徴」と「関係を長続きさせるコツ」を紹介します。

付き合うと冷める人の特徴

まず、付き合うと冷める人の特徴を紹介。当てはまる数が多いほど付き合うと冷めやすいタイプといえるでしょう。

付き合う前、相手を美化して見ている

相手のことを勝手に美化して見てしまうと、付き合った時、自分の想像とその人実像の差にがっかりしてしまうことも。

恋に恋している

相手のことが本当に好きなわけではなく、恋に恋している状態だと付き合って関係が安定してしまった場合一気に冷めてしまうことも。付き合う前の片思いが一番楽しい! という人は冷めやすいタイプでしょう。

恋愛をゲームとして楽しんでいる

恋愛をゲームとして駆け引きを楽しんでいるタイプの人は冷めやすいでしょう。相手が自分の手の中に入ったらゲーム終了なので、どうしても熱が冷めてしまうのです。

追う恋が好き

追う恋が好きな人も、恋愛をゲームとして楽しんでいる人と同じで、相手が自分のものになったら追うことがなくなるので冷めやすいです。

相手に完璧を求めている

自分のことはさておいて、交際相手に完璧を求める人も冷めやすいタイプかも。相手があなたの思い描く相手ならいいのですが、そうでない場合、自分の求めている人ではないので冷めやすいはず。

相手を減点法で見ている

相手を加点法で見れる人はどんどん相手のいいところを発見できるので、比較的長続きする恋愛ができるでしょう。

でも、相手を減点法で見てしまう人は、相手のダメなところばかりに目がいき、恋心が冷めてしまう結果に。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます