伊野尾慧を赤面させた真剣佑

 映画『ピーチガール』の公開直前イベントが8日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、真剣佑、永野芽郁が出席した。

 上田美和氏による同名コミックを実写映画化した本作は“ギャルっぽいけど超ピュア”な主人公もも(山本)が、硬派な爽やか男子のとーじ(真剣)や学校一のモテ王子カイリ(伊野尾)、最強最悪な小悪魔さえ(永野)を相手に次々に恋の事件が巻き起こる、予測不能な急展開のノンストップラブストーリー。

 約1年ぶりに劇中と同じ制服姿で登場した伊野尾は「僕と山本さん、大丈夫ですか。制服」と問い掛け、歓声を受けた山本も「本当にありがとうございます、気を使っていただいて。色黒なのを気にしていて、白いシャツだと黒さが目立つので、ちょっと水色のシャツ。カーディガンを腰に巻いて、この靴下の丈は今風らしいです」と恐縮気味に役柄ならではの着こなしを明かした。

 対する伊野尾は「チャラい一面があるのでズボンもちょっとオーバーサイズで、パーカーで着崩した着こなしを」と説明し、「僕もう26歳ですよ。高校生って10年前ですから、うれしいけど恥ずかしい気持ちも。今日着るのが最後になるかもしれないし」と語り、照れ笑いを浮かべた。

 会場から「高校生に見える」と温かい声が飛ぶと、「皆さん優しい」とほっとした表情を浮かべ、山本も「本当に優しい。スカートがすごくスースーする」と制服のミニスカートを押さえた。

 また、イベントではステージに壁を設置し、伊野尾が劇中で3人から“壁ドン”されるシーンを再現した。中でも、力強い壁ドンの後、優しく抱き締めた真剣のパフォーマンスに伊野尾は「何その惑わせる感じ。何が来るかわからないから本気でドキドキした。やばい、ちょっと好きかも」と“乙女心”をのぞかせ頬を染めた。

 映画は5月20日から全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます