女性なら誰しもが抱いている、「キレイになりたい」という想い。

そのために、定期的にサロンやクリニックへ通ったり、ジムでトレーニングをしたりと、努力している方は多いのではないでしょうか。また最近では、外見だけに力を入れるのではなく、マナー講習や料理教室へ通ったりと、内面を磨く方が増えてきています。

ただ「キレイになりたい」という想いからだけでなく、男性が「やっぱり中身が大事だよね〜」と発言しているのを何回も耳にしているからこそ、頑張っている女性は多いのではないでしょうか。なのに、なぜかいつもイイところで止まってしまって、深い仲になるまであと一歩……という人もよく見かけます。

そんな方は、力を入れるポイントがすこぉーしズレてしまっているのかもしれません。男性から「実は枯れ女子じゃん!?」と思われないためにも、これからご紹介するポイントをお手洗いで、仕事の合間に、チェックする癖をつけることをオススメします。

服に毛玉やほつれがある

「え!?こんなこと?」と思われるかもしれませんが、男性が言う「中身が大事」には、”金銭感覚がしっかりしている人がいい”という意味が含まれています。

筆者がキャバ嬢時代にお世話になったファイナンシャルプランナーの男性によれば「金銭感覚の基礎がしっかりと出来ている人は、物を大切に扱い、長く使う傾向にある」とのこと。

つまり、どれだけ自身にお金をかけて魅力的なスタイルや身のこなしを手に入れたとしても、物を大切にしていない人は金銭感覚を疑われてしまう可能性があるのです。

「じゃあ、男性はどこを見てそれを判断しているのか」というと、それは服!

毛玉やほつれがあったり、ちょっと色あせている部分があったり、傷んでいたりしませんか? お手頃な値段で手に入るからといって「なにかあったら買い換えればいい」と考えていたら、気づけば服飾費がとんでもないことになっていたなんて経験をされている方もおられるはずです。

男性から「金銭感覚が枯れている」と思われないように、こまめに服のお手入れをすることをオススメします。洗剤をちょっといいものにして、丁寧に洗う・干すようにし、片付ける時に毛玉やほつれを直す。

ちょっと手をかけるだけで、印象が変わってきますよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます