「人見知りやめます」と宣言した福士蒼汰

 映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の完成披露舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎と成島出監督が出席した。

 本作は「長時間労働」「パワハラ」「自殺」などといった現代に即した重いテーマを扱い、“働く人”の共感の涙を誘った、北川恵海氏による同名小説を映画化。

 謎の男ヤマモト役で大阪弁に初挑戦した福士は、満員の客席を見渡しながら「この中に関西の方がいないことを願うばかり」と弱気な発言で笑いを誘った。

 一方、ブラック企業で働くサラリーマン青山隆を演じた工藤は、福士との仲を深めるために自宅でたこ焼きパーティーを開いたという。

 方言指導をしたお笑いコンビ、烏龍パークの加藤康雄と共に工藤宅に招かれた福士は「僕と加藤さんは(工藤が)くるくるしているのをずっと見ていました」と振り返ったが、工藤から「福士くんは僕のベッドでずっと横になっていました」と暴露された。

 また、映画のタイトルにちなんで「人見知りをやめたい」という福士は、「自分にそこまで自信がなくて、主役じゃないと自分から話し掛けられないんです。主役だと引っ張っていかなきゃって思えるから話し掛けられるんですけど…」と自信なさげに告白した。

 小池から「主役しかやらないって言ってる? 俺は主役以外引き受けないって、すごいですよね」と突っ込まれ、小池から話題を振られた吉田も「爆弾発言」とそろって福士をイジった。

 さらに吉田は「俺とずっと口をきいてくれないのは人見知りだからなの?」と問い掛け、「前に同じ映画に出ていましたよねって、福士蒼汰と福士誠治を間違えちゃったの。しまったなと思っていたんだけど」と福士を怒らせたと思っていたことを明かした。

 大きく首を横に振り、笑いながら否定した福士は「実は今日も何を話していいか全然分からなくて。直りかけてきているんですけど、完全にやめたい。人見知りやめます」と宣言した。

 映画は5月27日から全国東宝系でロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます