ハイセンスジャパン、実勢価格10万円を切る50V型など液晶テレビ「K310シリーズ」5モデル

2012.7.11 21:50配信
LTDN50K310RJP

ハイセンスジャパンは、録画機能と省エネ性能を備えた液晶テレビ「K310シリーズ」から、50V型の「LTDN50K310RJP」を7月21日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万9800円前後の見込み。

ハイセンスジャパンは、2010年11月に中国の大手家電メーカー、ハイセンスの日本法人として日本市場に進出。ハイセンスグループ全体では、2011年に全世界でテレビを約1000万台販売した。パネルや部材調達のスケールメリットを生かして、コストパフォーマンスの高い製品を開発している。今回、10万円を切る50V型液晶テレビ「LTDN50K310RJP」を7月21日に、エディオン、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ベスト電器、ヨドバシカメラで発売する。また、8月下旬には39V/32V/26V/24V型の4モデルを発売する予定。

日本メーカーと共同開発したチップセット、ファームウェアを搭載するなど、日本ユーザーのニーズに対応。全モデルにLEDバックライトを採用し、50V/39V型はフルハイビジョン、32V/26V/24V型は1366×756画素のハイビジョンに対応する。

地上デジタルチューナー×2基、BS・110度CSデジタルチューナー×1基を搭載。外付けHDDへの録画機能も備える。地上デジタル放送は裏番組の録画ができる。映像入力端子は、コンポジットビデオ×1、D4×1、PCアナログ×1、HDMI×2を備える。カラーは、前面がピアノブラックで背面がマットブラック。

8月下旬に発売予定の39V型「LTDN39K310RJP」、32V型「LTDN32K310RJP」、26V型「LTDN26K310RJP」、24V型「LTDN24K310RJP」の実勢価格は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング