街に出ればカップルだらけだったGWが終わったことで、無駄に寂しさや不安を感じなくて済むと胸を撫で下ろしている方もおられるのではないでしょうか。

その心の声に素直になって、ただ「恋人がほしいなぁ~。いてくれたら、寂しくないのになぁ」と思ってやり過ごすのは、もう終わりにしませんか?

夏までの”3ヶ月だけ”、恋に本気になってみるのも、生活に新たなハリが出るかもしれません。

ただ3ヶ月で結果を出すためには、効率よくアクションを起こすことが大切です。

そこで、キャリア女子向けのコーチとして活躍する白鳥さゆりさんに、”タラレバ女子から卒業し、本気で3ヶ月で恋人を作る3STEP“を聞いてきました!

STEP1:理想と現実のギャップを、できるだけ具体的にしてみる

「”恋人を作る気はあるけれど、どうしたらいいのか分からない”、”こんなはずじゃなかったのに”というのは、とても抽象的な言葉です」と、白鳥さん。これでは、具体的にどうやってアクションを起こせばいいのか分かりませんよね。

そこで「じゃあそもそも自分は、どうしたいと思っていた? 現実はどう違っていたのか?」を書き出して、比較することから始めてみましょう。

「例えば、本気出して佐々木希みたいになりたかったのに、現実はデブだったとします。じゃあ、佐々木希のスリーサイズを調べて、自分のスリーサイズと比較してみる。なるほど、私は佐々木希よりウエストが◯cmデブなのか、と分かりますよね。」と、白鳥さん。

まずは、こうやって理想と現実のギャップをできるだけ具体的に認知しましょう。つまり、恋人を持つ女性がしている・していた行動と自身の行動を比較してみるんです。

「彼女はこんなところへ行っていたな、こんな知り合いがいたな、こんな習慣があるな、こんな1日を過ごしているな。じゃあ、私は?」と。そうすることで、現実を少しは素直に受け入れやすくなるのではないのではないでしょうか。

STEP2:その上で、まずは3ヶ月後の目標を決めてみる

STEP1で理想と現実のギャップを具体的に出来たら、今のあなたができそうな範囲で3ヶ月後の目標を決めましょう。

ただいくつか注意する点があります。

1つは、”自分が影響を与えられる範囲”で定めること。

例えば「友だちに”佐々木希に似てるね”と言ってもらう」はNG。佐々木希に似ているかどうかは友だちが判断することであって、あなた自身がコントロールできることはないからです。「佐々木希のスリーサイズに近づくために、ウエスト‐5cmを目指す!」であれば、あなた自身がコントロールできる目標です。

「恋人を作る」ではなく、恋人を作るためにあなたが出来る目標を立てましょう。それをおこなった延長線上で、恋人が出来る可能性が高くなるのです。

もう1つは「いきなりストイック過ぎる目標を立てないこと。目標が高すぎると、タラレバ思考が発動したり、鬱々した状態になってしまう原因になります」と白鳥さん。

「余裕でクリアするより、ちょっと負荷がかかっているかな?」くらいの目標を設定してみると、よい刺激になるのではないでしょうか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます