今回のコラムでは、テレビアニメ『恋愛暴君』オープニング主題歌の『恋?で愛?で暴君です!』をピックアップさせていただきます。

声優アイドルユニット「Wake Up, Girls!」の新曲であり、彼女たちにとって6枚目のシングルとなる本作。Wake Up, Girls!は、同名のアニメを出自とするユニットですが、近年では他作品の主題歌を担当するなど、その活動の幅を広げています。

人気音楽クリエイター集団による楽曲にまずは注目!

Wake Up, Girls!の音楽的魅力の一つが、人気音楽制作チーム「MONACA」によって作り出されるサウンドでしょう。

各楽曲の作曲、編曲の多くをMONACAのクリエイター陣がガッチリとバックアップしており、そこから生まれる音がこのユニットにとって特別な個性となっています。

最新シングルである『恋?で愛?で暴君です!』では、田中秀和さんが作、編曲を担当。田中さんというと、『太陽曰く燃えよカオス』(『這いよれ! ニャル子さん』OP)、『PUNCH☆MIND☆HAPPINESS』(『あんハピ♪』 OP)など、MONACA所属の先輩アーティストである神前暁さんの楽曲にも通じる、ハイテンションかつ複雑な構造と奥行きを持つ曲を得意とするコンポーザーというイメージがありますが、成る程、今回の新曲も一筋縄ではいかない、絶妙に捻くれたポップセンスが光るナンバーとなっています。

不協和音的なメロと最高にキャッチーなサビのコントラストは必聴!

最も特徴的なのが、歌い出しからサビに至るまでのメロパートです。特徴的なリズム音と不協和音と評しても過言ではない程、不安定なサウンドで進行する構成には、兎にも角にも強いインパクトがあります。

決して分かりやすいポップスではありません。寧ろ、最初に一聴した時にはリスナーの頭の中に大きくクエスチョンマークが浮かぶかと思います。

「大好き」「恋」「愛」といった恋愛に関するキーワードが散りばめられた歌詞と、不安定で不可思議なメロディとのミスマッチ感も含めて、ポップソングとしてはかなり「変」な曲です。

しかし、だからこそ聴き逃しができないインパクトと強烈な中毒性を、この曲は有しています。こういった曲をアイドルユニットに提供するという斬新さ、しかも、それがラブソングというユニークさが何とも楽しい曲なのです。

一方で、サビに関してはとことん陽性で明快なメロディが使われています。ここに至るまでの"タメ"があるからこそ、明るい歌メロによるサビの開放感と爽快感が一層際立つ。ポップスとしてトリッキーなスタートを切っているからこそ、サビの爆発力がより活きる。

その構成の妙には、音楽的好奇心を大いに刺激されてしまいます。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー