舞台『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』 舞台『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』

昨年6月に上演された『昆虫戦士コンチュウジャー』の好評を受け、再演となる『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』が、 5月10日、東京・あうるすぽっとにて開幕した。

舞台『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』チケット情報

劇団「犬と串」のモラルが作・演出を手掛ける本作は、地球の味方“昆虫戦士コンチュウジャー”と侵略者“爬虫類帝国”の戦いを描く新感覚のシュールなヒーローコメディ。主役の中年「ヤゴ」戦士・時羽奏(ときわそう)役をモト冬樹が演じ、その若かりし頃を今大注目の若手俳優、本田礼生が演じることでも話題に。

囲み取材で主演のモトは「メンバーが変わったこともあるが、初演を生かして、確実にパワーアップしている。このカンパニーは練習好きで、とことんコメディを追求しており、自分はこの作品を、コメディ界のシルク・ドゥ・ソレイユだと思っている」とコメント。「例えギャグがすべったとしても、それは見ている人にセンスが無いんだと思う」と、作品の出来に自信を覗かせた。

さらに今回は、再演初日と同時に、待望の続編についても発表が。一連のシリーズの作・演出を手がけるモラルは「コンチュウジャーについては、徹頭徹尾ギャグでありながらも、平和を愛するというテーマ性が込めることを大切にしている。8月上演の次回作は、それを守りつつ、敵のコンチュウジャーが出てくるという展開になるので、楽しみにしておいてほしい」とコメント。

次回作には伊勢大貴が演じる、悪のヒーロー ネオコンチュウジャーのリーダー・雷モンも登場で、ますますシュールな展開が予想される。今回の公演の来場者については、来場者限定最速先行も実施されるため、気になる人は、是非劇場まで足を運んでほしい。

MMJプロデュース公演『昆虫戦士コンチュウジャー~ただの再演じゃ終わらない、そうだろみんな!?~』は5月18日(木)まで東京・あうるすぽっとにて。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます