深く広大な三国志の海におぼれよう

三国志好きが集まるイベント『三国志・桃園のつどい』があると聞きつけて、東京・渋谷にあるニフティが運営するイベントハウス『東京カルチャーカルチャー』へ行ってきました。

今回は、横山光輝『三国志』35周年、飯田市川本喜八郎人形美術館開館10周年を記念したイベントとのこと。そして、今年は魯粛没後1800年という三国志ファンには記念すべき年でもあります。

そうです、周瑜の後を受けて呉の大都督を継いだ、あの魯粛です。孔明や関羽にてんてこまいにさせられることでおなじみの、あの魯粛です。

開場前から行列、しかも女性が過半数

「生まれたときは違っても、死ぬときは同じ」という桃園の誓いにあやかって、三国志好き同士がきずなを深めようというこのイベント。開場前にはすでに10人以上の行列ができていました。

開場後もぞくぞくと集まり、その数100人以上。驚くことに女性の方が圧倒的に多く、比率は7:3くらい。ロングセラーの『横山三国志』や『人形劇三国志』はもちろんのこと、最近は『三国無双』などゲームの影響で三国志にはまる人もたくさんいるようです。

そして、もちろんコスプレっぽい方も。“孔明がかぶってる帽子(頭巾)”こと「綸巾(かんきん)」です。

ちなみに人気の登場人物は趙雲。クールで律儀で、しかも仕事ができちゃうところが男性にも女性にも受けているようです。

カクテル「桃園の誓い」で乾杯!

「呂布オススメ! 一騎当千フライドポテト」、「夏侯惇おススメ! 温玉ナシゴレン」など、フードとドリンクのメニューもすべて三国志の登場人物にちなんだもの。登場人物がそれぞれプロデュースしたかのようです。

「張飛オススメ! 特製ローストビーフ丼」では、SNSで話題の『セクシーすぎるシェフ』ように高い位置から塩(?)を振る張飛など、かわいいイラスト入りで紹介されています。

何を注文しようか迷いましたが、1800回忌の魯粛殿おすすめという『孫呉特製塩焼きそば』を選択。孫呉というだけあって、上海風の海鮮塩味です。奇をてらうこと無く普通に美味しい。

そして、ドリンクはやっぱり『桃園の誓い』です。桃の味が口の中で甘く広がる軽めのオリジナルカクテル。「さあ、これから」というさわやかな始まりのお酒。食前酒にもぴったりです。

人形劇でおなじみの歌で開幕

いよいよオープニング。満席の会場も大盛り上がり。まずは神戸からやってきた東々(どんどん)さんが『人形劇三国志』でおなじみの「三国志ラヴ・テーマ〜三国志の歌〜」を歌ってスタートです。

最初のステージは「ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)in Shibuya」。

普段は神戸市新長田の中国茶のお店『Cha-ngokushi』からオンエアしているWebラジオ。今回は渋谷に出張してきました。新長田は横山光輝先生ゆかりの地でもあり、「三国志のまち」として街をあげて盛り上がっているところです。

先ほど歌で登場した東々さん、むらやさんのレギュラー二人が登場。関西風の息のあった掛け合いで会場の空気を暖めます。

もう一人のレギュラー、店長・あきよんさんは神戸でお留守番。コスプレでビデオメッセージに登場してくれました。ちなみにむらやさんによると「後期の姜維(のコスプレ)ではないか」とのこと。

続いてゲストとして登場したのは、「三国志学会」を主宰する渡邊義浩さん。中国古代史が専門の本物の大学教授です。

NHKの番組で『正史・三国志』を解説するそうで、その話で大盛り上がりでした。番組は終わってもテキストは読めますよ。(でも、たくさん売れても渡邊先生に印税は入らないそうです…… )

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます