無印良品には便利な収納アイテムがいっぱい。

無駄がなくすっきり収納できる形状や、どんな場所でも使えるところ、買い足しができる点など、使い勝手のよさが支持を集める理由でしょう。

では、その中でも特に、使いやすいものを選ぶとしたら?

整理収納コンサルタントとして活躍中の森山尚美さんから、無印のいち押し収納アイテムや、片付けを成功させるコツを教えていただきました。

森山さんおすすめ、無印の収納アイテム5選

【ポリプロピレンメイクボックス・1/2】

薄く、シンプルなデザインで効率よく収納。サイズ展開も豊富。

森山尚美さん(以下、森山)「これは、いろいろなところで使っています。

単純でシンプルなものが、やはり一番使いやすいですね」

【EVAポーチ・大】

診察券など、少しずつ増えるものにも対応。

「こちらは浴用のポーチなのですが、自立するのと、中身が増えても減っても大丈夫なので便利です。

診察券などを入れていますが、これごと持って出られますし、おすすめです」

【アクリル縦でも横でも使える小物収納6段・A4タテ】

こまごまとしたものの収納に。(※写真は旧モデル)

「わが家では薬を入れています。場所に合わせて縦でも横でも使うことができ、中も仕切れます。

結構たくさん入るんですよ。縦にして、文房具などを入れるお宅もあります」

【重なるラタン長方形バスケット・中】

テレビ台下部の収納。上にすき間を作るのも、取り出しやすさのポイントに。

「ちょっとお値段はしますが、中身がごちゃごちゃしていても、入れるとそれなりに片付き、きれいに見えます。

カゴ自体は少し重いので、持ち上げたりしない(低い)場所にいいと思います。丈夫でしっかりしていますので」

【重なるブリ材長方形バスケット・小】

「逆に、持ち上げたり、下ろしたりする必要がある高い場所には、この『ブリ材』のカゴが軽くておすすめです」

高い場所には軽い収納で、出し入れの労力減。

「あとは、わが家にはないのですが『ポリプロピレンデスク内整理トレー』シリーズもすごく使いやすいです。

お客さまの家でよく使っています」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます