「使うもの」「お気に入りのもの」を選ぶことから始める

―片付けを始めるとき、一番最初にするべきことは何でしょうか。

森山「いらないものを捨てることでしょうか(笑)。でも、捨てよう、捨てようとはしない方がいい、と私は思っていて。

いらないものは手放す、ということは前提としてあるのですが、捨てよう捨てようとすると、嫌になってしまう人がすごく多いんです。『捨てたくないからもうや~めた』と(笑)。

だから、今使っているものや、お気に入りのものを選ぶ、という感覚で整理した方がうまくいく…というのをお客さまの家で実感しています。

『捨てる』ことにフォーカスするのではなくて、『今使っているもの』にフォーカスする。『使うものを選ぶ』…という選択肢は大事だと思いますね。

必要なものだけ、使っているものだけになったら、後はしまうときに大事なのは、『いかに最短距離でしまえるか』だと私は思っています。

家の中での動き、動作、動線ということになるのですが、やっぱり、面倒くさいと続かないじゃないですか」

【1階:子どもコーナー(リビング)】

帰ってきたらその足で、下段にかばんやランドセルがしまえる。

「中学生の息子が右側、小学生の娘が左側です。ここに、ランドセルやカバンを置いています。

2階に子ども部屋がありますが、絶対上には持っていかない。だから下(1階)に置き場を作って、帰ってきたらすぐにしまえるようにしています。

動線を短くして、子どもでも無理なく戻せるように。面倒にならない出し入れの仕組みを作るのが、ポイントだと思います」

【2階:子ども部屋】

収納は増やさず、ものが増えたら何かを処分するのが基本。この棚は仕事先でもよく利用するそう。
 

「子ども部屋は、無印の棚に無印のボックスを使って仕分けしています。子どもでもわかりやすく、を心がけています。

収納で大切なのは『わかりやすさ』。一目瞭然になっていれば、『じゃ、今日はこれ使おう』とすぐ選べます」

小さなラタンのバスケットにミニタオルを収納。家族4人、これだけあれば十分、という一例。

【2階:クローゼット】

 
家族4人分の衣類を収納。

 

「わかりやすさが命」と森山さん。出し入れの手間なく、コーディネートもしやすい。

【1階:洗面所 上部の棚】

【1階:玄関脇の収納スペース

靴やアウター、アクセサリー置き場もあり、ここで身支度完成。

森山「(生活を)シンプルにしていくと、ものが本当に減ってきます。

自分が必要なものってこれだけでいいんだなとわかってくるので、自然に減っていくんですよね。

若い頃はやっぱりいろいろ買ったりしていて。例えばガレージセールとか、家の前にレジャーシートを広げて置いておいて、持っていってもらうとか、そういうこともかなりしました。

そういう時期を通り越して、今があります(笑)」

必要なものを必要なときにパッと取り出して使い、使ったら即、元に戻す。

そんな、すがすがしいシンプル生活、もしかすると今がはじめ時? かもしれませんね。

ライター/女子栄養大学 食生活指導士1級。学生時代からさまざまな体調不良に悩まされたこともあり、健康的な生活習慣について学び始める。現在は専門家を中心に取材活動を行い、おもに食、健康、美容、子育てをテーマにした記事を発信。乗りもの好きな1男の母でもある。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます