授賞式に出席した樹木希林(左)と小松政夫

 「第26回日本映画批評家大賞」の授賞式が16日、東京都内で行われ、ダイヤモンド大賞(淀川長治賞)を受賞した樹木希林が出席した。

 「日本映画を支え日本映画の栄光のために尽力した方々に贈る日本映画批評家大賞最高の賞である」と位置付けられた同賞を受賞した樹木は、2時間ほどの授賞式の一番最後に名前を呼ばれ登壇した。開口一番「皆さん長かったですね。松本零士さんが時計を見ていて、気持ちが分かりました。本当にね」とこぼして笑わせた。

 続いて「それと、長年の功労っていう風に言っていただいたけど、実は私はちっとも功労じゃない。たくさんの方のコメントを伺って、皆真剣に映画に取り組んでいるんだなと逆に感動していました」と語り、「60年近く役者をやっているけど、軸を映画に移したのはここ10年ぐらいなもんです」とあっけらかんと明かした。

 「病気をしてからせりふが覚えられなくて、テレビで続けて言えなくなって。映画ならカットで撮れるから、そこで生かしてもらおうかなって、気楽な感じできたから」と転機をさらりと振り返り、「でも今日はくれるって言うならちょうだいという感じで来ました」とちゃめっ気たっぷりにコメントした。

 また、ゴールデン・グローリー賞(水野晴郎賞)を受賞した小松政夫が「これからもう5年頑張ろうかと思っていましたが、あと10年は頑張らせていただこうかなと思いました」とスピーチした言葉を引き合いに出し、「そろそろ徐々に(引退も)と思っていたら、先程同級生の小松政夫さんが『あと10年』と言っておりますので。私は小さく見積もってあと1年。ちょっと生き延びて映画というものに取り組んでいかせていただきたいと思います」と語った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます