ファイブミニのTVCMに出演する広瀬すず

 広瀬すずが出演する、ファイブミニ(大塚製薬)の新CM「恋よりセンイ。」篇が5月20日から全国で放映される。今回のCM監督は、広瀬が出演した映画『海街diary』の是枝裕和監督を起用。また、CMの撮影と照明は同映画を手掛けたスタッフが行い、2015年以来の“海街”チームがそろった。

 60秒版のストーリーでは帰宅した広瀬が、故郷の友人から送られてきた卒業式の写真を見ながら地元の卒業式の様子を電話で聞いている映像から始まる。自身の仕事を評価する友人の言葉に、「そんなことないよ、すごくないけん全然」と方言でぽつり。「楽しそうなんか、会いたいな、みんなに」と本音をこぼす。そして夕刻、すっぴんで素の自分に戻り、自宅の屋上で大きく息をついて今の自分と向き合うという内容。

 同CMのメイキング映像で広瀬は「役になりきるのではなく、“広瀬すず”として演じてもらいたいと監督から言われていました。それが今までにない感覚で、自分がそのままCMに出ているというのが、恥ずかしいというか、でもすごくおもしろい体験でした。映画での是枝監督しか知らなかったけど、動きなどをどんどん追及していく姿が映画と変わらないなあと思いました」とコメント。CMではバスケットボール部だった広瀬のイメージを表すためにインテリアにバスケットボール部時代の写真や、バスケットボールを置くなど細かい工夫もされている。

『恋よりセンイ。』篇動画

60秒:https://youtu.be/ymsirYBKs84

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます