日立マクセル、耳の穴を圧迫しないイヤホン「HP-NZ16」「HP-RC16」、カナル型の圧迫感が苦手な人に

2012.7.12 19:29配信
「HP-NZ16」(左4点)と「HP-RC16」

日立マクセルは、耳の穴を圧迫しない独自形状のノズルポートによって、カナル型が苦手な人でも快適に装着できるノズル型イヤホンとして、防滴仕様の「HP-NZ16」とコード収納リールタイプ「HP-RC16」を7月25日に発売する。

耳の穴に圧迫感がない独自のノズルポートを採用したイヤホン。耳の穴に挿し込まない形状なので圧迫感がなく、カナル型が苦手な人でも快適に装着できる。

従来モデル「HP-NZ13」に比べて約20%小型化し、女性の小さな耳でも装着しやすい。付属のイヤーピースには抗菌効果のある銀イオンを施し、清潔感が向上した。

再生周波数帯域は、20~2万2000Hz。直径10mmのドライバユニットに高磁力ネオジウムマグネットを採用し、磁気の歪みを低減した豊かな低音と繊細な中音域のサウンドを再生する。

ラインアップと実勢価格は、汗や水しぶきに強いIPX2等級の防滴仕様の「HP-NZ16」が1500円前後、コードが収納できる「スマート収納リール」を採用した「HP-RC16」が2000円前後の見込み。

「HP-NZ16」は、コード長が約1.2mで、重さが約11g。「HP-RC16」は、コード長が約1.0mで、重さが約18g。「HP-NZ16」「HP-RC16」ともに、カラーバリエーションはブラック、シルバー、ブルー、ピンクの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング