「キングオブコント2017」大会開催決定会見出席者

 “真のコント王”を決める「キングオブコント2017」大会開催決定会見が23日、東京都内で行われ、前回大会の王者、ライス(田所仁、関町知弘)のほか、いち早く参戦を表明したジャングルポケット(おたけ、太田博久、斉藤慎二)、相席スタート(山崎ケイ、山添寛)、かもめんたる(岩崎う大、槙尾ユウスケ)らが出席した。

 10回目の開催となる大会は、優勝賞金1千万円を目指し、次世代のコント師たちが繰り広げる頂上決戦。今年の大会ではルールが一部改定され、「準々決勝」が新設されたほか、準決勝ではネタを2回披露する。

 大会の決勝の舞台に女性が立ったことがないことから、3年連続で準決勝進出を果たしている山崎は「やっぱり“初めての女”になりたい。決勝の舞台を目指しています」と堂々と宣言した。

 もし優勝できなかった場合には「応援してくれた方に申し訳ないので、セクシーな写真を出そうかなと思う」と“公約”を掲げ、妖艶にほほ笑んだ。

 一方、2009年から6年連続で準決勝、2年連続で決勝進出を果たしている斉藤は「去年優勝できなかったのがすごい痛手。今年はプレッシャーがとんでもないけど、今年も全国ツアーをやるので結果を残したい」と鼻息荒く語り、太田も「劇場ギャラの交渉に行ったら『優勝してないやつが何言っているんだ』と言われた。僕も子どもが生まれましたから、これからは仕事の量よりも質と単価。単価が上がれば家族も養えるので」と悲願達成を誓った。

 優勝できなかった場合は、おたけが「実家が月島でもんじゃ焼き屋をやっているのですが“優勝してくれなかったセール”として2日間、50パーセントオフ」と約束した。

 13年大会で優勝を果たしたかもめんたるの岩崎は、この日、つえをついて登場。膝の皿が割れたといい「秘密のコントの特訓中に割れました」と冗談めかしつつ「本番ではすごいものを見せます」と自信たっぷり。おととい営業で声を潰したという槙尾も「ここでもう1回優勝して、俺らが真のキングだというところを見せたい」としわがれ声でアピールし、もし優勝できなかった場合は「う大の“膝の皿”をプレゼントします」と珍公約で、笑わせた。

 同大会の決勝戦の模様は、今秋TBS系列で生放送される予定。なお、昨年王者のライスは不参加を発表した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます