ダイソンは、5月25日(木)よりコードレス掃除機の新製品「Dyson V7」シリーズを発売します。

このDyson V7は、現在発売中のコードレス掃除機フラッグシップモデル「Dyson V8」シリーズの長所を継承しつつ、さらに使いやすく、お求めやすくなっているのがポイントです。

 

そして、日々忙しい主婦にとって、この「Dyson V7」シリーズはとても使いやすい掃除機となっています。この記事では、そのポイントを解説します。

家のあらゆるところを掃除できる

Dyson V7は、従来機よりもバッテリーの効率化がアップ。通常モードで30分の連続稼働が可能です。また本体重量は2.4kgと軽量なので、取り回しがしやすいのも特徴です。

本体が軽いため、床だけでなく壁や天井といった場所の掃除もラクチンです。

ソフトローラークリーナーヘッド
コンビネーションノズル

本体に付属するアタッチメントは、あらゆるゴミを吸い取れるソフトローラークリーナーヘッドと、隙間ノズル、用途によりブラシを引き出して利用できるコンビネーションノズルが付属。これらを使い分けることで、家のあらゆる部分の掃除が可能となります。

特に、ソフトローラークリーナーヘッドは、ゴミのサイズに関係なくワンストロークで吸い取れるようになっているので、何度も掃除機を往復させる必要がありません。

もちろん、吸引力は上位機種である「Dyson V8」シリーズ同様強力。比較デモにおいても、その実力は抜きん出ていました。

しかも、延長ノズルを取り外すことで、ハンディタイプの掃除機としても使えるので、ちょっとした食べこぼしなどにも気軽に使えます。コードレスなので、自動車内の掃除にも使えますよ。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます