赤坂は「ドミニク・サブロン」が撤退してからは気になるパン屋もなく、好きなお店で買い物したり食事をする程度でしたが、4月17日に「一ツ木町倶楽部」というお店ができ、ベーカリーが先行オープンしていたので友人と行ってきました。

地下鉄千代田線赤坂駅・1番出口を出て一ツ木通りを少し歩くと、「松尾ジンギスカン」という飲食店のあるビルが見えてきます。

その手前の道を左折してまっすぐ進むと右手にお店が現れます。駅からは徒歩4分くらいでしょうか。

5月9日にフレンチグリルのほうもグランドオープンしたので、そのお祝いのお花がたくさん来ていました♪

中に入ると食パンなどの定番パンがトレーの横の棚に。

壁面上部には「キシュキシュ」という水色の文字が。

こちらは目白でベーカリー&キッシュ専門店「キシュキシュ」を開いていたマダム、三宅郁美さんが赤坂に開いたこだわりのお店のようです。

10時頃着いたのですが、パンは殆どの商品が並んでいてどれを買おうか悩んでしまいます。

店員さんにお薦めをお聞きしたら、

「マダムが『大人が好む商品展開に』と考えられ、フルーツ系はこれでもかと材料を贅沢に使い、デニッシュ“スリーズ”は普通のお店はダークチェリー4個のところを5個載せるんです! また、チョコレートも大人向けにビターで甘すぎないものを使っています」

とのこと。

店内は9時開店と同時にイートインすることができ、せっかくなので私達も小腹を満たしました。

Free Wi-Fiが使えて充電もさせてもらえるのはありがたいです(^^)

この日発売開始だった“ハニートースト”は、プルマンという食パンを使用。キャラメリゼされたカリッカリな表面を齧りながら、映画『アメリ』のクレームブリュレを思い出し一人で楽しくなっちゃいました。ブラックコーヒーとよく合う、しっかり甘いお菓子パンです。