ソニーが初めて玩具として発売するトイ・プラットフォーム「toio」

["\n ソニーは6月1日、東京ビックサイトで開催されている東京おもちゃショー2017において、玩具市場に新規参入すると表明。合わせて、トイ・プラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。発売日は2017年12月1日。

\n 「toio」は本体の”toioコンソール”、モーター内蔵で動き回ることのできる2台の”toioコアキューブ”、それぞれのキューブの動きを制御するコントローラー”toioリング”で構成されている。キューブはコントローラーで操作するだけではなく、別売りのtoioタイトルを使用することで、スピンさせるなどキューブの動作をカスタマイズしたり、工作した紙とキューブを組み合わせて生き物のように動作させたりすることが可能。市場想定税抜価格は2万円前後を予定している。(BCNメディア編成部)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます