近年では、友達数人集まれば、そのうちの1人や2人は“バツイチ”だったり、なかには“バツ2”なんていう人もいたりして、離婚経験があっても決して珍しいことではなくなっていますよね。

また、現在付き合っている彼が“バツイチ”という女性も少なくないでしょう。

そこで、今回は『なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか』(左右社)の著者で、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、「バツイチの彼と結婚を考えた場合のメリット、デメリット」についてお伝えします。

バツイチ男性と結婚するメリット

1:女性を“美化”しすぎない

バツイチの男性は、以前の結婚生活のなかで、元妻の“表の顔”も“裏の顔”も十分に見てきた人が多いので、「女」がどんな生き物なのかを、ある程度把握できています。

そのため、女性の多少の失態にも寛容でいてくれたり、認めてくれたりすることも多く、一緒にいても疲れないで楽な気持ちでいられるのです。

2:前の結婚生活を教訓にし、努力してくれる

結婚に一度失敗しているので、貴女との結婚は、その教訓を活かしてくれることが大いに考えられます。

本人も「今度こそは幸せな家庭を築こう」と思っているに違いありません。自分に原因があって離婚したのなら、なおさら同じことの繰り返しにならないように努力してくれる可能性があります。

3:気持ちや行動に余裕がある

バツイチの男性は、次にする結婚に対して慎重にならざるを得ません。

そのため、女性から見ると、ガツガツしたところがなく、気持ちや行動など、すべてにおいて余裕があるように見えます。

4:子どもの扱いに慣れている

元妻との間に子どもがいる男性も少なくないでしょう。

すでに、子育て経験者なので、子どもの扱いに慣れていたり、子育ての知識もあったりしますから、これから子どもを望んでいる女性にとっては助かることも多いはずです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます