赤ちゃんが生まれて、ママにとって最初の難関といえば「授乳」。

完全母乳派のママは、おっぱいが出ないという不安もなく、あまり苦労がなさそうというイメージを持たれがちですが、実は頻繁な授乳はバストトップを傷つけることが多く、毎回痛い思いをしながら授乳をしている、なんてママも少なくありません。

今回は、そんなバストトップの痛みに悩んでいるママに朗報! 授乳で傷んだバストトップのケアアイテムを紹介します。

これで、痛みを我慢しながらの授乳を卒業できるかも!?

1: 赤ちゃんの吸い付きもサポート!「メデラ コンタクトニップルシールド」

赤ちゃんに母乳をあげているママが、一度は経験するバストトップの亀裂。これは赤ちゃんに歯が生えてきて噛み付いてしまう以外にも、頻繁にバストトップを吸われることで起こります。

毎日数回、痛みに耐えながら授乳しているというママも多いはず。

そんな時に試してみたいのが、この「メデラ コンタクトニップルシールド」。

ママのバストトップをカバーするように装着することで、痛みを軽減させながら授乳することができます。

カバーをしてしまうと、赤ちゃんの吸い付きが悪くなることが心配になりますが、このニップルシールドは上部、赤ちゃんの鼻の位置が波型にカットされているため、ちゃんとママの匂いを探して吸い付くことができるのです。

ケースが付いているのも嬉しいポイントで、「洗いやすいし、持ち運びもしやすいのでお出かけの時にも重宝しています。」というママの声も!

「ハピママ*」更新情報が受け取れます