BDZ-ZT3500

["\n ソニーは、新しい著作権保護技術「SeeQVault」に対応したBlu-rayディスク(BD)レコーダー「BDZ-ZT3500」「BDZ-ZT2500」「BDZ-ZT1500」を7月8日に、「BDZ-ZW1500」「BDZ-ZW550」を6月24日に発売する。価格はいずれもオープン。

\n デジタルビデオカメラ「4Kハンディカム」との連携を強化し、「4Kハンディカム」で撮影した動画を取り込んで、4K解像度で視聴できる。取り込んだ動画は、BDにダビングすることもできる。

\n 新たに、従来とは異なり、他の「SeeQVault」対応機器でも外付けHDDに録画した番組を再生できる「SeeQVault」に対応。さらに、独自機能として、本体に登録した「SeeQVault」対応の外付HDDへの直接録画に対応し、HDD容量の拡張だけでなく、買い替えなどに備えたデータのバックアップ用途に活用できる。

\n このほか、操作性を高めるため、番組表や録画リストの表示速度の向上を図り、タイトル分割やタイトル結合、プレイリスト機能を追加するなど、動画の編集機能を強化した。ハイレゾ音源の再生や、CD音源や圧縮音源をアップスケーリングする「DSEE HX」、Android/iOS向けアプリ「Video & TV SideView」を使用した、外出先からの録画予約やネットワーク経由での録画番組の視聴などにも対応する。

\n 上位機種の「BDZ-ZT3500」「BDZ-ZT2500」「BDZ-ZT1500」は、デジタルチューナーを各3基搭載し、3番組同時に録画できる。税別の実勢価格は、新たに追加したHDD容量3GBの大容量モデル「BDZ-ZT3500」が10万円前後、2TBの「BDZ-ZT2500」が8万3000円前後、1TBの「BDZ-ZT1500」は7万円前後の見込み。

\n デジタルチューナー2基と1TBのHDDを搭載した「BDZ-ZW1500」は6万円前後、HDD容量500GBの「BDZ-ZW550」は5万円前後の見込み。

\n なお、2016年4月発売のBDレコーダー「BDZ-ZT2000」「BDZ-ZT1000」「BDZ-ZW1000」「BDZ-ZW500」を対象に、「SeeQVault」対応や、動画編集機能の強化などを行う本体ソフトウェアアップデートを7月中に提供する予定。

\n

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます