東京メトロ「表参道」駅A3出口(表参道交番があります)を出て、左手の細い路地を入って30秒ほどの場所に白く明るいガラス張りのお店が現れます。

「トーストサンドイッチバンブー」です。

元々は「表参道バンブー」というテラスのある白亜の一軒家で、日本初のサンドイッチハウスとして営業されていました。

私も学生時代に食べに行っていましたが、10数年前にイタリアンとしてリニューアルされてからずっと「あの味がまた食べたいなあ」と思っていました。

すると、4月20日に別の場所でサンドイッチハウスが開店する!との情報が入り、心待ちにしていました♪

お店は開放的で、まず目に飛び込んできたのが壁に並ぶ大量の食パン達!!

「サンワローラン」さんに特注で焼いて頂いているパンだそうです。パン好きにはこの光景だけでテンションがあがります(笑)

テイクアウトとイートインができるのですが、せっかくなら出来立てを頂きたいので、入口すぐのレジで注文と支払いを済ませて店内へ。カウンター席が8席前後とソファ席があります。

カウンター席の後ろには大きな鉄板があり、注文と同時にパンを焼き始めます。ライブキッチンって美味しいものができあがるワクワク感を楽しめるのでいいですよね♪

待つこと数分でサンドイッチが完成!!

どれにしようか迷いましたが、40年前のサンドイッチハウスバンブーで人気だった“シュリンプ&アボカド1977”はイートインでしか食べられないのでこれに決定。すごいボリューム!!

まずはパンのお味を確認。んっ? ほのかに甘い? おそらく鉄板の良さを生かしてトーストのカリッと香ばしい感じを出すのに砂糖をかけて焼いているのだろうなと思い、確認したら大正解。鉄板に砂糖を少量ひいてパンを載せて美味しそうな焼き色になるまで焼いています。

中身はプリップリな海老とアボカド、マスタードとブラックペッパーもいいアクセントです。美味しい~。

コーヒーはサンドイッチとセットで150円になるのでお会計は締めて1230円。ボリュームがあって食べきったらお腹パンパンでした。

5月9日からは平日限定の日替わりメニューも登場。650円と手頃な値段が嬉しいですよね。

一番人気は“大山どりの照り焼きチキン”だそうです。どれも美味しそうで全部制覇したいなあ。
でもでも、今回一番迷ったのは“ソフトシェルクラブ”。

脱皮したての柔らかい殻ごと食べられる蟹を揚げたものを一杯まるごと使っています。大きくてパンから足がはみ出してしまう、とのこと。HPを見るとその大きさに驚くと思います。

現在はお昼から夕方にお客様が多いそうで、夜の時間帯にも楽しんでいただけるよう、特注の立派な鉄板を活かしたメニューを考案中だそうです。駅から近いのでフラッと足を運んで益々楽しめるようになるといいですよね♪

今回、お店のメニューをすべて考案されたのが、茂村美由樹シェフです。

茂村美由樹シェフ(写真左)

女性3人のスタッフさんは明るくて美人!! 私の質問にも細かく丁寧にお答えしてくださいました。一人で行ってもお店の方とおしゃべりする楽しさもある、とても素敵なお店でした♪

店名 トーストサンドイッチバンブー
住所 東京都港区北青山3-5-23 NOI omotesando 1F
電話番号 03-6447-2922
営業日時/時間 10:30~22:30
定休日はいまのところないようです。
最新情報は、facebook公式HPで更新