左から、暁千星、宇月颯、美弥るりか、珠城りょう、愛希れいか、月城かなと、沙央くらま 左から、暁千星、宇月颯、美弥るりか、珠城りょう、愛希れいか、月城かなと、沙央くらま

宝塚歌劇月組公演『All for One ~ダルタニアンと太陽王~』の制作発表会が5月31日に都内にて開催された。『エリザベート』等の演出家としても名高い鬼才・小池修一郎が、デュマの古典的名作『三銃士』をもとに新たな物語として書き下ろす。会見では月組トップスター・珠城りょう、トップ娘役・愛希れいかをはじめ、美弥るりか、月城かなと、宇月颯、暁千星、沙央くらまの出演者7名によるパフォーマンスもあり、豪華なものとなった

宝塚歌劇月組『All for One』~ダルタニアンと太陽王~

脚本・演出を手がける小池によると「デュマの『三銃士』はルイ13世の時の話ですが、今回はルイ14世の時代で、20年後くらい。ですので銃士のみんなには20歳くらい若返ってもらいます(笑)。(珠城が演じる)ダルタニアンが銃士隊の中で一番の剣の使い手であると認められている、皆さんがよくご存知の『三銃士』の物語の後、という設定」とのこと。この大胆な脚色に「トンデモ三銃士と言われるかも」と言いつつも、「もともと三銃士の話は実在の人物の伝記があり、それを物語にした作家がいて、その上でさらにデュマが小説にしている。色々なエピソードがあるので、私たちがこの有名なダルタニアンと三銃士たちの物語を作ってもいいのでは」と主張。ただしこの会見時にはまだ脚本が出来上がっていないということを登壇者たちにバラされ、汗を拭きつつの説明で会場を笑わせていた。

とはいえ、小池への出演者たちの信頼は厚く、ダルタニアンを演じる珠城も「小池先生の完全オリジナル作品ということが、まず嬉しかった」と話す。さらに作品については「All for One、One for All。自分のためにではなく誰かのために、みんなの幸せを勝ち取るために、みんなで力を合わせようという作品のテーマは、お客さまにも強いメッセージを与えられるのでは」と語った。

相手役となる愛希はルイ14世役。「観終わった後にワクワクしていただけるような舞台を」と意気込みを。なお発表時に「トップ娘役がフランス国王? 男役?」とファンの間で話題になったこの配役について小池は「皆さん色々と想像なさってるでしょうし、それはかなり合っていると思いますが(笑)。とりあえずは公演初日まで引っ張りたい」と含みを持たせた。

公演は7月14日(金)から8月14日(月)まで兵庫・宝塚大劇場、9月1日(金)から10月8日(日)まで東京宝塚劇場にて上演される。兵庫公演は6月10日(土)、東京公演は7月30日(日)にそれぞれ一般発売開始。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます