医学会キッチンBASICコースイメージ

世界初!あなたの身体にあった“食”方箋!?

東京・神谷町に5月27日、「医学会キッチン オーソモレキュラー」がオープンしました。

オーソモレキュラーとは、「栄養医療法」「分子整合医療」とも呼ばれ、薬だけに頼らずに食事やサプリ、点滴などの栄養素を用いて病気を治療したり予防治療したりする医学のことです。

美味しいお料理につきものなのが「お酒」ですが、ここでは上質なワインなどが提供され、身体によいワインもチョイスしてくれます。

日々、アルコール類やカロリーを気遣ってきた人にとっては、夢のようなレストランと言えます。

医学会キッチン

国際オーソモレキュラー医学会(国際分子栄養医学会)とは?

身体の調子に合わせ、ベストなメニューを提供してくれる“食”の処方箋的レストラン「医学会キッチン オーソモレキュラー」では、オーガニック・ナチュラルな食材こだわり、グルテンフリー、アレルゲンフリー、低糖質、ヴィーガンメニューに加え最新のスーパーフードなども取り入れているそう。

ロバート・ピーターソン先生監修の「冷製 白いガスパチョ “アホ・ブランコ”」

病気予防のためにも正しい食事を!!まずは食の大切さを知ろう

テリー・新谷先生監修の「根菜 せいろ蒸しホットサラダ ブラックオリーブのタプナードソース」

【ドクターたちが栄養学に基づいたメニューを監修】
約12名のドクター(医師・薬剤師・管理栄養士)たちが、各々の研究に基づき、健康寿命長寿、ダイエット、アンチエイジングなどの効果を訴求したメニューを作成。
季節ごとにドクターの顔ぶれやメニューが変わっていく予定です。

井手口先生監修の季節のスーパースムージー


【あなただけの処方箋でなく食方箋の発見】
食事は心身の健康のベースとなります。また、病気予防の第一歩は正しい食事、病気も食事で治るという意見もあるほどです。

クリニックでは伝えきれない食を通しての健康へのアプローチ、すなわちドクターたちによる食方箋を提供していきます。

【今の自分に適した食生活の発見の場】
顔や体系が異なるように、内臓の大きさや機能も人それぞれです。
また年齢によっても体質は変化していきます。

自分の体質やニーズに合った食事を、自分自身が発見することができる場を提案します。

関口絢子先生監修の「古代有機小麦(スペルト)入り自家製生パスタ 本日の仕立て」


【新しい食の発見の場】
食材に対する正しい理解と活用方法を学ぶ場として、吸収率の良い食べ方、調理方法なども提案。

さらに、様々な注目食材(新しいスーパーフードなど)を紹介していきます。

【最新の医学に基づく効果的な食事を体感する場】
医学の進歩に伴い、効果的な食材や食事の発見も目まぐるしい中、何をどのように食べるのが効果的なのかを、新しい外食スタイルで体感していただきます。

医学会キッチンBASICコースイメージ


【五感で楽しむ美味しさの追求】
本物の食材はそのままでも美味しいものですが、シェフの魔法によって更にに美味しく生まれ変わります。

食の安心・安全に加え、一流のシェフによる美味しさを追求しました。

【科学的根拠に基づいた中立的な食の情報提供】
各分野のドクター(医師、薬剤師、管理栄養士など)が科学的根拠に基づいた最先端の食に関する情報を発信します。

ドクターによる食×αのセミナーも開催。
健康寿命長寿を目指す、アンチエイジング、仕事のパフォーマンスを上げる食事など、テーマごとにセミナーと食事会が企画されます。

テリー新谷先生監修のココナッツ海老カレー


【安心・安全な食材の追求】
レストランで使う食材は、基本的に無農薬、ノンケミカル。
食材の育った環境だけでなく、食べているものや出荷までの過程などを細かくチェックし、安全性の高いものを扱う。

また、主要食材だけでなく、調味料や油なども同じ基準で選定。世界から安心安全な本物を最大限努力して厳選。

身体にいいだけでなく、通常のレストランと変わらないくらい豪華で美味しいところが嬉しいですね!

【医学会キッチン オーソモレキュラー】

住所 東京都港区虎ノ門4-1-17 プライムプレイス2F

TEL & FAX 03-6435-8629
予約専用ダイヤル 050-3188-8816
アクセス 日比谷線神谷町駅 4b出口 徒歩3分

Lunch 11:30~15:00(Lo 14:30)
Dinner 17:30~23:00(Lo 21:30)
定休日 日曜(セミナー開催時はオープン。通常営業なし)

 フリーライター(たまにイラストレーター)として、雑誌やWebで執筆。現在はグルメ・旅の撮影や執筆、取材を中心にお仕事をしています。元飲食店オーナーだったこともあり、調理経験を生かして料理レシピやフードコーディネートも行っています。ブログ:『牡丹餅 あんこのpoco a poco』