ヒルトン東京の「メトロポリタングリル」で激辛ハンバーガーを提供

ヒルトン東京の「メトロポリタングリル」で「炎の激辛バーガー」を提供を開始!!

有名高級ホテルのレストランが提供する「激辛メニュー」は、果たしてどれくらい辛いのでしょうか?

なんでもチャレンジしてみないと気がすまない牡丹餅あんこがチャレンジしてきました!

みよ!このスパイスの量!

ヒルトンと言えば、世界6大陸に500以上のホテル&リゾートを展開する有名ホテルブランドです。

世界中の美食家を唸らせる料理が次々に誕生するレストランの取材でちょっとドキドキ。

「炎の激辛バーガー」にチャレンジする前に、何が具材に使用されているのかが気になり、見せて頂けないかとお願いしたところ、厨房の中に入れることに!!

撮影NGなところはありますか?と聞きましたが、特にNGなところはないそう。

「厨房」に入れること自体がスゴイことだと言うのに、調理中まで撮影させてくれるとは!!

それではお邪魔します!!

 世界のヒルトンの厨房にお邪魔しまっす!!

フレッシュな唐辛子

厨房に入ると、見るからに辛そうなフレッシュチリが3種ドン!!

この他にはハバネロパウダー、カイエンペッパー、激辛豆板醤、黒胡椒、ケイジャンスパイスなどなど、とにかく危険そうな赤い食材がいっぱい!!

激辛ソース3種

副料理長のトーマスさんはシェラトンやマリオットの他に有名レストランでシェフを務めたプロの料理人。

プロの料理人が作るハンバーガーは絶対に美味しいはず!!

黒胡椒をパテにガリガリ

ハンバーガーに使用される食材は、ベーカリーで特別に作ったオリジナルバンズや国産牛100%ビーフパテを使用するなど、手間やコストもかかっています。

100%ビーフパテ

桜の木やチャコールを使用している焼き台で、パテとバンズをあぶり、薫風でスモーキーな風味にするなど、プロのシェフならではのテクニックを披露。

バンズにのせた激辛チーズをとろーりさせる

パテが焼き上がったら、激辛チーズをのせてグリラーで炙る。

チーズがトロトロになったら、サンドする準備が整いました!!

「うまい肉」更新情報が受け取れます