元彼からの久しぶりの連絡――。もらったときの感じ方は、きっと人それぞれですよね。

元彼のことが未だに「いいな」と思っていたのなら嬉しい瞬間でしょうし、元彼とケンカ別れをしたのなら「え、いまになって……?」と、あまり前向きになれないのも頷けます。

でも、大抵元彼から連絡が来るのは、あなたに好意を持っている場合が多いと思います。つまり、あなたさえ良ければ、よりを戻したいと思って声をかけているのでしょう。

今回は、元彼から連絡をもらったとき、ちょっと心得ておきたいことをご紹介します。

彼の気持ちは今、どこにあるのか考える

あなたが元彼のことを別れた後でも「いいな」と思っている場合、気になるのは相手の気持ちです。相手の男性があなたに声をかけてきたのは、純粋には好意とは言い切れないかもしれません。

付き合っている彼女がいたけど別れてしまった。彼女と付き合ってあなたの良さに気づいた。そんな男性は意外と多いものです。

声を掛けて来てくれたのは嬉しいけど……。都合のいい女に見られてしまうのは嫌ですよね。それこそ、次の彼女が見つかるまでのつなぎに見られては、その恋は上手くいかないでしょう。

ですから、彼の気持ちがどこにあるのか、しっかりと見極めることです。

たとえばあなたのことが好きだったけど、事情があって別れてしまった。そして、縁あって今の彼女と付き合ったけど、別れてしまった。彼がそういう状態なら、あなたはその事実をどう受け止められるのか。

自分自身のこれまでの恋愛歴を振り返りながら、お互いに呼吸を合わせてやり直せられそうか。冷静に見極める必要がありそうです。

気負い過ぎず、思い出話に花を咲かせる

元彼とケンカ別れしてしまって、連絡が来た場合、単純に相手の近況が知りたくなった可能性が高そうです。

特に男性の場合、元彼女が別れたあとでも自分のことを好きなんじゃ……と思っている節があります。ですので、恋人は解消したけど、友達として声をかけたのかも?

この場合は、あなたが良ければやり取りすればいいと思いますし、あなたがもう顔を見るのもイヤというならそれが答えだと思います。

ただ、元彼との長いこと会っていないのなら、お互いに近況報告がてら話してみるのも良さそう。特に若い頃の恋愛はお互いに未熟なので、いまでこそ些細なことでケンカしてしまったと思うこともあるのでは。

いまちゃんと会って話してみると、お互いに大人として成長したその姿に、異性として再び「いいな」と思うこともあるかもしれません。

特にいま出会いを求めている女性は、前向きに彼との考えてみるのも悪くないのでは。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます