「人としていいコ」と知ったとき

ビジュアルや人気の問題以外にも「性格がキツそう」「ちょっとバカっぽい」と思われてしまったせいで恋愛対象から外れることだってあります。

とはいえムリにおとなしく振る舞ったり、知ったかぶりをしても逆転は出来ません。

今自分に付いているマイナスのイメージと真逆のイメージもアピールして「本当はいい子なんだ!」と思わせる方が自分の持ち味を殺すことなく恋愛圏内に入るポイント。

でも、いま現在恋愛対象外なのに、優しさや可愛げなど、モテを意識した行動に走るとさらに敬遠されたり「俺のこと、狙ってる?」と避けられることも。

そんな時は恋愛要素を出さずに、実は敬語がきれいに使える、いつもバッグの中がキレイに整頓されている、礼儀正しい、字がきれい……など、性別関係なく「人としてステキ」というポイントをアピールするのが吉です!

自分への評価は変わらないと思いがちですが、人の気持ちは常に変わるもの。最初から「まあまあかな」と思われているより、「ナイわ」からの「結構可愛いじゃん!」のほうが恋愛には大きなインパクトを与えることも。

あきらめずに逆転を狙っていきましょう!

(中野亜希/愛カツライター)

愛カツ』とは「恋"愛活"動」をして「"愛"に"勝つ"」ための、恋愛に悩む女性を応援するポータルサイト。恋愛のプロフェッショナルたちの厳選コラムをはじめ、日々激変する恋愛事情を分析するデータや統計もいっぱい。そして具体的かつ的確なアドバイスを実際に聞けてしまう「恋愛相談」コーナー、さらには店舗やイベントと連動したリアル恋愛サポートまで充実。『愛カツ』は、恋愛が上手くいかない女性の本気の悩みに応えます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます