スマホやデジカメで撮った子どもの写真。数百枚、もしくは数千枚にまで増えてしまった…なんていうママは多いのではないでしょうか。

せっかく撮影した子どもの写真は活用しないともったいない!

今回は、かわいい子どもの写真をインテリアとして活用する方法について紹介していきます。

1.とにかく壁のあちこちに直接貼る

たくさんの写真をいちいち額に入れたり、かわいい形にして切ったりするのは大変。そこで、おすすめなのが「思い切って壁に直接貼る」というもの。

遠くから見て「ハート型」に見えるようにきれいに並べて貼るのもありですし、とにかくたくさんの写真を豪快に壁に貼るのもあり。ちなみに筆者の部屋の壁は子どもの写真で埋め尽くされています。(笑)

貼り方は「マスキングテープ」「画鋲」「両面テープ」「コルクボード」「ホワイトボード」など、とにかく様々なので、お家の雰囲気に合わせてみたり、賃貸であればなるべく壁への負担が少ない方法がおすすめ。

壁に子どもの写真を貼っているママの中には、生まれた日からの写真をズラーっと並べて成長を刻んでいる方もいるそうです。

「壁に貼る」というだけの写真の活用方法ですが、その表現方法はママ次第。自分のセンスとお部屋の雰囲気に合わせて貼ってみてくださいね。

2. 垂らした紐にピンチで挟む

天井から紐を垂らしたり、壁に沿わせて紐を垂らしてみて下さい。そして、その1本の紐に1枚1枚写真をピンチで挟んでみましょう。

あっという間にフォトインテリアの完成です。お部屋の出入り口に垂らして「のれん代わり」にしても面白いですし、電気のコードにピンチで写真を挟んでしまうのも斬新ですよね。

先に紹介したように、壁に画鋲を刺したり、テープで貼ったりする必要がないので、賃貸に住むママでも安心して写真を飾ることができるのではないでしょうか。

さらに、1本の紐に複数枚写真を挟んでおけば模様替えも簡単!紐と一緒に写真の移動を一気にできるので、「写真を飾る場所が変わるかも」というママにもおすすめです。

紐の色をこだわってみたり、いろいろな素材の紐を使ってみたりしながら、ママ好みに素敵に写真を飾ってみましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます