写真を拡大 VIXXエン

韓国の6人組ボーイズグループVIXX(ヴィックス)のリーダー・エンが6月16日、Zepp TOKYOにて単独イベント「N's Birthday Home Party Mini Live ~えん返し~」を開催した。同イベントは、昨年も開催され大好評を得たエンのバースデーイベント。今回、札幌・東京・大阪・福岡の4都市で各2公演が行われ、エンは集まったファンとともに心温まる時間を過ごした。

6月30日の自身の誕生日を前に、「本当にSTARLIGHT(VIXXのファンクラブ)の皆さんを僕の家に招待したかった」というエンの思いが込められたステージには、ベッドや机、ラックなど、本人が「僕の部屋にある物とまったく同じ」と紹介するアイテムをセッティング。「僕が最初に買ったベッドカバー」「今回、入国の時に着ていたシャツ」「僕の香水」「旅行に持っていくキャンドル」と、部屋に置かれた小物の一つひとつにまでこだわりが感じられる。

そんなマイルームに「ただいま~! ああ疲れた」と帰ってきたエンは、「これは何ですか?」と部屋の隅に置かれたケーキのローソクにおもむろに明かりを灯し、バースデーソングを流して「フッ」と明かりを消す。あっという間に自分の誕生日を祝うと、「こうやってSTARLIGHTの皆さんと一緒だから幸せです!」と、本格的にイベントをスタートさせた。

「僕が最近見た映画で、女優さんが僕のタイプ」という紹介とともに流された映像は、韓国でも爆発的人気を得たアニメーション映画『君の名は。』をパロディした『君のえねねん。』。主人公のキャラクター、瀧と三葉を、エンの本名「チャ・ハギョン」をもじった「チャキ」と「ミツハギョン」と名付け、エンが自ら二役を演じてみせた。女装には定評のあるエンのかわいらしい女子高生姿には会場からは大きな歓声が起こり、エンは映像に続いて同作の主題歌の1曲『なんでもないや』を優しい歌声で披露した。

「歌がすごく良かったから皆さんに聞かせたかった」というエンは、「ミツハギョンはきれいです」「やっぱり僕は顔がいいから女装が似合ってますよね!」と話しながら、「後ろの皆さんも見えますか? 僕は顔が小さいからあまり見えないと思いますけど?」と、エンならではのキュートな自画自賛トークも、この日はメンバーからツッコまれることなく絶好調にはずんだ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます