気が利く男性とデートして、楽しい1日を過ごした。デートコースもレストランも大満足で、すごく楽しかった。また誘ってほしい!

と女性が思っていても、男性がそうでもない場合があります。むしろ、テンションが下がっている。女性はとても楽しかったのに、この差はなんなのでしょうか。

おそらく、無意識にデート中に男性をヘコませる言動があったのだと思います。今回は「デート中に男性が落ち込む言動」について、まとめてみました!

リアクションが薄い

用意のいい男性は、デートを成功させるために下準備を怠りません。デートコースは完璧にシミュレーションするし、実際にお店を下見してるかもしれません。

そういう男性とのデートはスムーズでスマートだと思います。

でも、おんぶに抱っこになっていませんか。デートは二人で盛り上げるものです。

どうして男性がそこまでデートの下準備をやるかといえば、デートを成功させたいから。

では成功の基準は何かといえば、女性のリアクションに他なりません。

デートが楽しかったなら、男性を喜ばせるようなリアクションをしましょう。

もしリアクションが薄ければ、せっかく練ったデートも失敗だったと男性は受け止めます。

単純ですが、「すごい」「素敵」「また行きたい」と言うことが大事です。控えめな性格の女性は大げさに伝えるぐらいが、丁度いいと思います。

心で感じているだけでは男性に伝わらないのです。

可愛くみえなかった

女性のリアクションがバッチリだったとしても、男性が納得しないときもあります。それは女性のファッションや髪型に問題がある場合があります。

つまり、女性の見た目に魅力がなく、男性が盛り上がらなかったのです。一体、それはどんな服装でしょうか。

1.女性らしさがなく、露出が少ない

まずTシャツ、ジーンズのような女性らしさがないファッションは、男性からすれば盛り上がりません。

いくらデート中に楽しそうに振るまっても、可愛くない相手をまた誘いたいとは思いません。

無難にワンピースだったり、体のラインが見える服装だったり、女性らしさが出るファッションがいいと思います。

2.髪型が結んだだけでそっけなく見える

ポニーテールが好きな男性もいますが、後ろで結んだだけでは、やっぱりそっけなく見えます。

やりすぎは逆にNGですが、少し巻いてるぐらいが、デートに対する気持ちも感じられて良いと思います。

3.趣味全開でついていけない

自分らしさは大事かもしれませんが、相手のことも考えましょう。

パンクが好きだからといって、攻撃的なファッション。ゴスロリが好きだからといって、フリフリなファッション。こういうファッションは興味のない男性からすれば引いてしまいます。

繰り返しますが、デートは二人で盛り上げるものです。自分よりも相手のことを考えたファッションにすることが、最初は大事だと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます