吉沢亮  撮影:三田村薫 吉沢亮  撮影:三田村薫

芥川龍之介の世界を、イスラエルの演出家、インバル・ピント&アブシャロム・ポラックが舞台化する『羅生門』。柄本佑、満島ひかりといった個性的なキャストに混じって、若手注目俳優の吉沢亮が出演する。ドラマや映画で活躍するほか、昨年の舞台『ライ王のテラス』でも、確かな立ち姿を見せた吉沢。身体表現や音楽を自在に駆使するインバルたちの作品づくりの中で、自身のさらなる可能性を引き出そうとしている。

舞台『羅生門』チケット情報

「僕でいいんですか」。『羅生門』への出演依頼があったとき、吉沢はまずそう思ったという。コンテンポラリーダンスに挑むことにも、実力ある共演者の中に入ることにも、不安を覚えずにはいられなかったのである。しかし、インバル&アブシャロムが演出し、大きな話題となった『100万回生きたねこ』を資料として目にしたとき、心が震えた。「カラフルな美術に、セットの大胆な使い方、台詞以上に身体で感情を表現する役者さんたち。観たことも、もちろん演じたこともないその世界観がすばらしくて、『やってみたい!』と思ったんです。挑戦したら、役者として表現の幅が絶対に広がるだろうなって」。

ダンスレッスンでは、早くも自分の広がりを感じた。「振付のような決められた動きをするのではなく、ストレッチしながらだんだん身体が乗ってきて感情で動いていくんです。僕は身体が固いのでまだまだ自由に動けないんですけど(笑)、これができるようになったら相当楽しいんだろうなと。稽古が始まったら、表現力のある共演者の方たちからもたくさん学びたいと思っています。自分のどういう部分をどう出しているのか、そのスイッチみたいなものをそばで見てみたいですね」。

作品は、芥川龍之介が書いた短編小説「藪の中」「羅生門」の2作を中心としながら、羅生門にまつわる伝説や芥川の人生を絡ませた、“芥川ワールド”を描くことになる。「『ライ王のテラス』で演じた三島由紀夫の世界もそうでしたけど、芥川龍之介の世界もきっと、人間の本質的なもの、根源的なものを描くことになるんだと思います。それが、インバルさん、アブシャロムさんの世界観とどう融合するのか。絶対に観たことのない楽しいものになると確信しています」。そしてこうも付け加える。「僕自身についても、観たことのない吉沢亮しか舞台上にはいないはずなので(笑)、楽しみにしていただければ」。まさしく何もかもが初挑戦。役者にとってそんな機会、めったにあるものではない。

公演は9月8日(金)から25日(月)まで東京・シアターコクーンにて。その後、兵庫、愛知、静岡を巡演。

取材・文:大内弓子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます