「シリーズで一番よかった」『海猿』新作が満足度トップに

2012.7.17 15:24配信
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チーム FNS27社

「ぴあ」調査による7月13日、14日公開の映画・満足度ランキングは、伊藤英明主演のシリーズ最新作『BRAVE HEARTS 海猿』がトップに輝いた。2位に椎名誠の同名小説を阿部サダヲ主演で映画化した『ぱいかじ南海作戦』が、3位にテレビアニメ『魔法少女リリカルなのはA's』をベースにした劇場版『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』が入った。

その他の写真

1位の『BRAVE HEARTS 海猿』は、東京湾で起こったジャンボジェット機事故の人命救助に挑む海上保安庁の潜水士・仙崎大輔(伊藤)ら“海猿”たちの活躍を描く。劇場には作品ファンが多く足を運び「シリーズに一貫して描かれている“あきらめない”“信じる”が随所に表れていてよかった」「展開が新しい。俳優の演技がワイルドでカッコイイ!」「その場にいるかのような臨場感が味わえた。泣ける部分もあって充分楽しめた」「皆が一丸となることの大切さ、助け合う姿が心に響く」「メンバーの成長を感じることができて、シリーズで一番よかった」など、世代をこえて熱いコメントが寄せられた。

2位の『ぱいかじ南海作戦』は、離婚と失業が同時にやってきた男が、気分転換に訪れた南の島でサバイバル生活をする様を描く。出口調査では「元気が出る映画。主人公の生き方が気に入った」「全体を通してゆるくて、笑えるシーンが多くて大満足」「阿部サダヲとピエール瀧の絡みがおもしろい」など、女性を中心に好評だった。

(本ランキングは、2012年7月13日(金)、14日(土)に公開された新作映画11本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング