©Masayuki Qusumi・yoshitoshi ABe/ソニー・デジタルエンタテインメント

TVドラマ化された人気漫画「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之さんが手がける新作マンガ「こどものグルメ」が発表されました。

「こどものグルメ」は、「こども」ならではの発想で独自の絶品B級グルメを次々と生み出し、「おとなのグルメ」に満足している全ての大人をハッとさせるストーリーが描かれるそう。

漫画「リューシカ・リューシカ」のほか、「灰羽連盟」でキャラクターデザイン&脚本も手がけた安倍吉俊さんとタッグを組んでの作品となっています。

「独自の絶品B級グルメ」とはいったい? どんな食べ物が登場するのか、果たしてそれは美味しいのか。気になるところがいっぱいの「こどものグルメ」はWEBマンガ誌「comic S+」にて、7月24日(月)から連載がスタートします。

「こどものグルメ」概要

-美味しいのかどうなのか、見た目は「?」。でも、美味しいのです。-
「こどものグルメ」
◆原作:久住昌之 ◆作画:安倍吉俊

<作品紹介>
食べることが一番の楽しみな蓬野杏(よもぎの あん)の家は、学校から帰るといつも留守。
そこで、誰もいない間、自分にしかできない美味しいものを作って食べようと思い立ち、
様々な料理に挑戦、時には周りの人々の助言を受けたりしつつも経験を重ね…。
「こども」ならでは発想で、独自の絶品B級グルメを次々と生み出す!!

フィギュアとアニメが大好きなオタク系ライター。「ねとらぼ」や「INSIDE」など、ウェブメディアを中心に活動中。好きなキャラは「初音ミク」。夢はコミケにサークル参加すること。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます