米大統領が大激闘! 『リンカーン/秘密の書』新予告が登場!

2012.7.19 12:28配信
『リンカーン/秘密の書』 (C)2011 Twentieth Century Fox

ティム・バートンが製作を、『ウォンテッド』や『ナイト・ウォッチ…』で知られるロシアの鬼才ティムール・ベクマンベトフが監督を務めるアクション超大作『リンカーン/秘密の書』の最新予告編がこのほど公開された。

最新予告編

本作は、セス・グレアム=スミスの著書『エイブラハム・リンカーン:ヴァンパイア・ハンター』を作者自らが脚本化し、ベクマンベトフ監督が実写化したアクション作。アメリカ第16代大統領リンカーンに知られざる“別の顔”があったという大胆な設定を用いて、彼と恐るべきヴァンパイアの壮絶な戦いが描き出される。

リンカーンと言えば、奴隷解放を訴え、南北戦争を戦った大統領として今も人々に語り継がれている人物だ。このほど公開された予告編もまずは史実通りに南北戦争の熾烈な戦いの中で己の信念を貫こうとするリンカーンの姿が描かれる。しかし、太陽が沈み、周囲が闇に包まれた瞬間から事態は一転、まだ誰も知らないリンカーンが姿を現す。これまで数々の豪快なアクションを描いてきたベクマンベトフ監督の新作らしく、ヴァンパイアハンターとして戦うリンカーンの姿は強烈だ。聖水で清めた斧でヴァンパイアをぶった斬り、走っている馬の脚を素手で掴んで放り投げ、爆走する蒸気機関車の屋根の上でアクロバティックな格闘を繰り広げる。予告は終始、ベクマンベトフ監督らしい“勢いあまったアクション”で埋め尽くされており、これまでにない映像とアクションの数々が堪能できる作品になることが予想される。

『リンカーン/秘密の書』
11月1日(木) 全国ロードショー
※3D/2D同時公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング