最近出会ったステキな彼。大切な時間を無駄にしないためにも、早めに彼女の有無を確かめて、次のステップに進みたいですよね。

そこで「彼女いるの?」と思いきって聞いてみたら、予想外の答えが……しかも難解!

こう答えられた場合は、どんな解釈をすればいいのでしょう?

今回は、答えの具体例と「彼女いるの?」に難しく答えてしまう男性の本心を探ります。

「まあ、いろいろとね」

答えになっていません。

いろいろとあるから、プライベートをあれこれ詮索するなということなのでしょう。

いるかもしれないし、いないかもしれない。複雑な事情を説明しなくてもすむのがこの答え。

はっきり言えないのは、秘密の彼女の場合もあります。人妻や、彼氏持ちの女性など、訳ありなので「まあ、いろいろとね」。

「わからない」

自分のことなのに「わからない」ってどういうこと?

彼女との別れが近かったり、ケンカ中のときに心の中で葛藤が起こり、いると言いたくない。

でもいないわけじゃない、だから「わからない」という一連の心の動きが、思わず口を突いて出たと考えられます。

速攻で「いない」

本当に彼女がおらず、質問者の女性が好みだったり可愛かったりしたら、速攻でそう答えます。

また、いるのに「いない」と即答するような男性はとんでもないので注意して。

一般的に、いるのに「いない」と嘘をつくときは、一瞬間があいてしまうので直感でわかります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます