オリンパス、薄型ボディに12.5倍ズームを積んだコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SH-21」

2011.11.10 17:8配信
OLYMPUS SH-21

オリンパスイメージングは、薄型ボディに光学12.5倍ズームレンズを搭載し、オールインワンズームモデルのコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS SH-21」を、11月中旬に発売する。カラーは、シャンパンゴールド、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、実勢価格は3万5000円前後の見込み。

35mmフィルム換算で24~300mm相当の光学12.5倍ズームレンズと、1600万画素の裏面照射型CMOSセンサを搭載する。手ブレ補正は、センサーシフト式手ブレ補正機構と高感度撮影を組み合わせた「DUAL IS」。

46万ドットの3.0型タッチパネル液晶画面は、「iAUTOモード」では画面上で効果を確認しながら、ガイドバーをタッチして鮮やかさや色合い、明るさを直感的にチューニングできる。画面の被写体にタッチすると自動的にピントを合わせる「タッチフォーカス」機能や、同じくタッチでシャッターを切る「タッチシャッター」機能を新たに搭載した。

動画撮影は、フルハイビジョン(解像度1920×1080)でMPEG-4 AVC/H.264による長時間記録に対応。動画撮影専用ボタンで、ワンタッチで動画撮影をスタート/ストップできる。録音はステレオ録音に対応する。従来の手ブレ補正に加えて、呼吸や歩行による手ブレを抑えるマルチモーション対応の手ブレ補正機能を備える。

このほか、1回のシャッターで4枚の高速連写を行い、1枚の画像に合成することで、暗い部分もノイズが少ない夜景を撮影できる「手持ち夜景モード」や、1回の撮影で露出を変えた画像を連写し、合成してダイナミックレンジの広い画像を生成する「HDR逆光補正モード」、左右または上下にカメラを動かして、最大360°のパノラマ撮影ができる「ひとふりパノラマ撮影」など、多彩な撮影機能を用意する。

「ミニチュア」「ミラー」「水彩」など、10種類の特殊効果「マジックフィルター」を搭載。うち8種類は動画撮影時でも使うことができる。また、シャッターを押してカメラを横にスライドするだけで、実際の風景に迫る立体感を再現する、「3Dフォト撮影機能」を搭載。データは、3Dデータ(MPO形式)とJPEG形式での保存に対応する。

対応メディアは、SDXC/SDHC/SDカードで、最大128GBのカードを使用可能。Eye-Fiカードにも対応する。サイズは幅105.4×高さ59.4×奥行き30.6mmで、重さは184g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング