東芝、地デジ・ワンセグチューナー内蔵のポータブルDVDプレーヤー「SD-P97DT」など

2012.7.19 18:7配信
SD-P97DT

東芝は、地上デジタル・ワンセグチューナーを内蔵した9V型のポータブルDVDプレーヤー「SD-P97DT」と、4色のカラーバリエーションを揃えたコンパクトな7V型モデル「SD-P77S」シリーズを、7月20日に発売する。価格はオープン。

「SD-P97DT」は、DVDの映像に加え、テレビ視聴ができる9V型のポータブルDVDプレーヤー。家庭内では地デジ放送、外出時にはワンセグ放送と使い分けることができる。SDメモリカードスロットを備え、SD/SDHCメモリカードに記録したMP3/WMA/JPEGフォーマットの音楽ファイルやデジタル写真などが再生できる。

内蔵バッテリで、DVD再生で約6時間、テレビ視聴で約5時間の連続使用に対応。自動で液晶の明るさを調整する「節電モード」を使用すると、DVDは約8時間連続再生することができる。液晶部分は180°回転し、卓上や車内などの視聴環境に合わせたスタイルで映像を楽しむことができる。

突起部を含むサイズは、幅240×高さ45×奥行き186mmで、重さは1.26kg。カラーは、ホワイト。実勢価格は4万円前後の見込み。

「SD-P77S」シリーズは、テレビ機能を搭載していないコンパクトな7V型モデル。突起部含むサイズは、幅200×高さ43×奥行き155mmで、重さは0.83kg。内蔵バッテリで、DVDを約4時間、「節電モード」で約5時間連続再生できる。ホワイト、ピンク、ブルー、グリーンの4色のカラーバリエーションをもつ。実勢価格は1万6000円前後の見込み。

「SD-P97DT」「SD-P77S」とも、液晶の解像度は800×480ピクセル。低消費電力のLEDバックライト液晶パネルを搭載し、DVDソフトなどの映像コンテンツが、より高品位な画質で楽しめる。また、視聴途中で電源をオフにしたり、ディスクを取り出したりした場合、次回の再生時に続きからDVDを見ることができるレジューム機能を備える。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング