寺島しのぶ 寺島しのぶ 撮影:奥村達也

2012年にブロードウェイで上演、トニー賞5部門にノミネートされ高評を得た『アザー・デザート・シティーズ』。翻訳は2014年公開の映画『紙の月』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した早船歌江子が舞台脚本の翻訳に初挑戦する。また、演出は2010年の『おそるべき親たち』で第13回千田是也賞を受賞した熊林弘高。さらに出演者も寺島しのぶ、佐藤オリエ、麻実れいなど豪華実力派ぞろい。最強の布陣で贈る、演劇ファン必見の舞台だ。

「OTHER DESERT CITIES(アザー・デザート・シティーズ)」チケット情報

物語は、2004年のカリフォルニア。クリスマス休暇で集まった家族のもとに、作家の娘が回想録を出版すると爆弾発言。ずっと昔に封印し、互いに語らずに来た過去を暴露した本に、政治家の父と作家の母は、娘と激しく対立する…。寺島は本を読み「これ、私!」と出演を即決、娘・ブルックを演じることに。今回、やっと機会を得た熊林の演出に「出会うべくして出会った作品」と、気合十分。これまでめったになかった来阪会見に自ら臨み、その想いを語った。

「ブルックは、厳格な家庭で生まれて母親と同業の作家。家族ってうっとうしい存在かもしれないけど、自分も大人になって無意識のうちに親に似てくるとか、母と娘の関係がリアルで、私とかなりリンクしていると感じました。アメリカの話ですが、核となるのが家族の物語。人生を歩む中で自分を探す、どこにでも何か共通点が見つかるような家族の話だと思います」。

緻密さに定評のある熊林演出。稽古場にはその日稽古をするシーンの役者以外は入れないと言う。「稽古場では色々なことを考えるので、邪魔が入らないのは非常に心地いいですね。そういう繊細さを持った演出家で、役者としてはすごくありがたいし、楽しいです」。また今回、舞台上にはセットがほとんどない。「何もない状態の舞台で演技させていただくのは久しぶりです。役者の肉体表現に頼るしかなくて過酷ですが、挑戦になるので」。そんな無の空間で「演劇界のレジェンドみたいな人たちと」作り上げていく、濃密な家族の物語。「とてもコンテンポラリーなスタイルで、おしゃれな演劇になっていると思います。新しいものをちょっと観てみようかなという感覚で、足を運んでいただければ」。

舞台や映画で多数の受賞を誇る寺島。出演作品を選ぶ基準は?「台本を読んで、これっていう直観…。2、3回読む作品には多分出てないです。あと、観終って、これは寺島さんしかできなかったよね、と言ってもらえる作品に出たいなと。時間が限られているので、より研ぎ澄まして、これは逃したくないという作品をこれからもやっていきたいですね」。

公演は、7月6日(木)から26日(水)まで東京芸術劇場 シアターウエスト、7月29日(土)から31日(月)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて上演。チケットは発売中。

取材・文:高橋晴代

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます