佐久間奈緒、ビントレーが現代に蘇らせたバレエ『シルヴィア』を語る

2012.7.20 16:13配信
佐久間奈緒 (撮影:西村康) 佐久間奈緒 (撮影:西村康)

新国立劇場2012/2013シーズンは、舞踊芸術監督デヴィッド・ビントレーの全幕バレエ『シルヴィア』で開幕する。ビントレーたっての希望で、英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、プリンシパルの佐久間奈緒がゲストダンサーとして、新国立劇場に初登場する。初演は1993年に発表され、タイトルロールのシルヴィアは日本で最も人気を誇るプリマバレリーナ吉田都が演じた。2009年に更なる改訂を重ねて上演されたが、このときシルヴィアを踊ったのが女優バレリーナとして定評のある佐久間だ。現在、海外で活躍する日本人ダンサーが集う『バレエ・アステラス』公演に出演するため来日中の佐久間に、作品の見どころを訊いた。

新国立劇場バレエ「シルヴィア」チケット情報

作曲は『コッペリア』で知られるレオ・ドリーブ。「全幕を通して曲がエキサイティングで、とてもゴージャスです」と楽曲の魅力を語る。全体的に穏やかな『コッペリア』に比べ、起伏の多い曲が並ぶ『シルヴィア』は、「踊りも見応えがあります」と目を輝かせる。オリジナルは19世紀にフランスで初演されたバレエ作品だが「デヴィッド(ビントレー)の改訂版では、新たに現代的なプロローグが加わり、バレエを初めてご覧になるお客様にもわかりやすい演出になっています」。

物語は思いを寄せ合っているのにお互いの愛情が信じられない恋人たち(後のシルヴィアとアミンタ)と、長い結婚生活で情熱の冷めた夫婦を軸に展開する。庭師に姿を変えた愛の神エロスによって古代ローマ神話の世界に導かれ、そこからギリシャ神話に彩られた『シルヴィア』の物語が始まる。時空を超えた空間での経験を通し、大切な感情を探し当てたカップルたちは、現実の世界に戻りハッピーエンドを迎えるというロマンティック・コメディー。

佐久間のパートナーは、映画『小さな村の小さなダンサー』で、スクリーンデビューを飾った、ツァオ・チー。佐久間と同様、カンパニーの未来を担うスターダンサーである。「2009年版はデヴィッドが私とチーに合った振付を考え、3人で試行錯誤を重ねながら、リハーサルをしました。その場にチーと立ち会えた事を、今でも幸せに思います」という言葉から、完成された作品への深い愛情が伺える。クライマックスのグラン・パ・ド・ドゥ(男女ふたりによる舞踊様式)は、「ふたりの技術を駆使した最高の見せ場となっています」とアピール。「デヴィッドは新国立劇場の芸術監督に就任以前から、いつか私たちをゲストに呼びたいと話していました。その夢がやっと実現します」と顔をほころばせた。

公演は10月27日(土)から11月3日(土・祝)まで。チケットは7月21日(土)10時より一般発売開始。

取材・文:舞踊ジャーナリスト 高橋恭子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング