日立、録画機能が充実した液晶テレビ「GP1シリーズ」、500GBのHDDや地デジトリプルチューナー搭載

2012.7.20 18:55配信
GP1シリーズ

日立リビングサプライは、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ「Wooo(ウー)」の新製品として、HDDを内蔵するなど、使いやすさにこだわった液晶テレビ「GP1シリーズ」を、9月下旬に発売する。ラインアップと価格は、55V型「L55-GP1」が43万円、47V型「L47-GP1」が34万円、42V型「L42-GP1」が28万円。

500GBのHDDを内蔵し、ハイビジョン画質で最大約400時間の録画ができる「録画テレビ」。地上デジタルチューナー×3基、BS・110度CSデジタルチューナー×2基を搭載し、2番組が同時に長時間録画できる「ダブル長時間録画」機能や、過去に録画した番組や予約登録した番組の情報をもとにユーザーの好みに合った番組を自動で録画する「Woooおすすめ自動録画」機能など、「録画テレビ」としての利便性を追求した。カセット型HDD「iVDR-S」用のスロット「iVポケット」も搭載する。

視野角の広いIPS方式の光沢液晶パネルを採用。斜めから見ても色鮮やかな映像が楽しめる。また、軽量で電池がいらない3Dグラスを使用する偏光方式の3Dに対応するほか、視聴環境や映像の明るさ、番組ジャンルに応じて最適な高画質に自動調整し、省電力化する「センサーオート」モードや、明るい映像のときにバックライトの発光を自動で抑えて節電する「センサーオートe」モードを備える。

インターネットに接続することで、TSUTAYA TV、NHKオンデマンド、T's TVなど、さまざまなネットサービスを利用することができる。また、スマートフォンやタブレット端末に専用アプリケーションをダウンロードすれば、テレビ操作のほか、録画番組を配信したりダビングして持ち出したりできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング