カン・ジファン、100日で体重15キロ増減。ファン離れが心配でダイエット成功?

2012.7.23 18:35配信
試写会&舞台挨拶を行なったカン・ジファン (c)SWAVE E&T 試写会&舞台挨拶を行なったカン・ジファン (c)SWAVE E&T

韓国の俳優、カン・ジファンが7月20日、東京・渋谷公会堂で主演映画『チャ刑事』の試写会&舞台挨拶(5都市10公演)の最終公演を行った。

カン・ジファンの試写会&舞台挨拶の写真

同作は、今年の5月に韓国で公開されたばかりのカン・ジファンの最新作。今回の試写会&舞台挨拶は、名古屋、大阪、福岡、横浜、東京で開催され、カン・ジファンは全公演で観客全員とハイタッチを行った。最終公演では約1000人とのハイタッチ後に舞台挨拶に登壇。これまでの公演を振り返り、「すべての都市が印象に残っています。ハイタッチをしてみなさんの顔を見ることができましたから。ひとりひとり(とのハイタッチ)は短い時間でしたが、みなさんと目を合わせられたことが嬉しかったです」と1週間にわたるプロモーション活動の印象を語った。

劇中でカン・ジファンは、メタボ体型で身なりに全く関心はないが、捜査にかける熱意は誰にも負けないという刑事、チャ・チョルスを演じた。物語は、チャ刑事が、ひょんなことから「ファッションモデルとなってランウェイで潜入捜査をしろ」という特命を受けて奮闘する姿を描くアクションコメディだ。普段は完璧な紳士役が多く、スーツ姿でキメているカン・ジファンの変貌振りが韓国公開と同時に話題となった。「体重の管理が本当に大変でした。まず15kg太って、さらに15kg痩せたんですが、それが100日間の撮影期間中でした。最初は体を作るのが大変で、ファンの心配をしている場合じゃなかったのですが、K-POPのアイドルや素敵な俳優さんたちを見て、『これは大変、ファンが離れるんじゃないか』と思って痩せることができました」とジョークを交えてダイエット体験を語り、「もし(作品の)パート2があっても絶対に、絶対に、やりません!!」と笑いを誘った。

好きなシーンについては「全部」と即答したが、中でも「台本にないアドリブのシーンがたくさんあります。特に犯人の取調べをするシーンは僕のアイデアです。楽しみにしてください」と期待をあおり、「最初は太っていて汚いチャ刑事が、最後はモデルになってランウェイを歩くところです。ぜひ、最初と最後を比較して見てください」と自身の変身ぶりを見どころに挙げた。

全国公開は未定だが、「今年は僕のデビュー10周年。特別な年にみなさんにお会いすることができました。この映画は『とにかくみなさんに楽しく笑ってほしい』それだけを考えて作りましたので、どうぞ何も考えずに大笑いしてください」とアピールし、「正式に公開されるまで一生懸命プロモーションします!」と決意を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング