ソニー、光学10倍ズームレンズ搭載で約119gのコンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-WX170」

2012.7.25 17:52配信
DSC-WX170

ソニーは、約119gの小型軽量ボディに光学10倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット) DSC-WX170」を、8月3日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

高度な非球面ガラス成型技術を用いた自社開発の薄型非球面レンズ「AA(Advanced Aspherical)レンズ」や、部品配置の工夫によって本体を小型・軽量化。3.0型の液晶画面は、約92.1万ドットエクストラファイン液晶タッチパネルを採用。撮りたい被写体にタッチするだけでピントが合う「タッチAF」など、直感的な操作ができる。また、ペイント機能で、撮影した画像を自由にデコレーションして、その場で楽しめる。

レンズは、「ソニーGレンズ(f=4.45~44.5mm/F3.3~5.9)」(35mmフイルム換算で25~250㎜)を搭載。有効約1820万画素の裏面照射型「Exmor R」CMOSセンサと高速画像処理エンジン「BIONZ」で、高画質の撮影ができる。また、ブレの量を高精度に検知して補正する手ブレ補正機能によって、これまで手ブレしやすかった高倍率ズーム時にも手ブレを抑えて撮影できる。さらに、高速なオートフォーカスによって、望遠撮影時でもシャッターチャンスを逃さない。

AVCHDフルハイビジョン(1080/60i)の動画撮影に対応。動画撮影時には光学式手ブレ補正と電子式の手ブレ補正を組み合わせて強力に手ブレを補正する「アクティブモード」を搭載。歩きながらの撮影やズーム撮影でも、手ブレを抑えることができる。

サイズは、幅92.3×高さ52.4×奥行き21.5mmで、重さは約119g。カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、ホワイト、ゴールドの4色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング