DT 55-300mm F4.5-5.6 SAM

ソニーは、デジタル一眼レフカメラ「α65」や「α57」で使用できる“α(アルファ)”Aマウントの望遠ズームレンズ「DT 55-300mm F4.5-5.6 SAM(SAL55300)」を、9月7日に発売する。価格は5万400円。

標準域の55mmから超望遠域の300mmまでをカバーする5.5倍ズームのAPS-Cフォーマット専用の望遠ズームレンズ。好評の望遠ズームレンズ「75-300mm F4.5-5.6」に最新の設計技術や最新のレンズ設計技術を導入し、従来のオートフォーカス(AF)よりスムーズで静かなAF駆動、高画質、滑らかで美しいぼけ味を実現した。

焦点距離は、35mmフィルム換算で82.5~450mm。レンズ構成は9群12枚。最短撮影距離は1.4mで、最小絞り(F値)は22~29、絞り羽根は7枚(円形絞り)。サイズは最大径77.0×長さ116.5mmで、重さは約460g。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます